【Nゲージ】ボナファイデ 103系1200番台、クモヤ90801キットなどご予約受付中です

ご利用ありがとうございます。
本日は、ボナファイデプロダクトの103系1200番台、クモヤ90801キットなどのご予約受付についてご案内いたします。数が少ないことと、商品内容の性格上、「みやこ模型だより アメブロ版」への掲載はございません。ご了承下さい。

■増備車は普通鋼。103系1200番台

1966年、国電史上初の地下鉄への相互乗り入れを開始しました。乗り入れ先は営団地下鉄東西線。当初は大手町までの部分開業でしたが、将来は南砂町の先で地上に出て、埋め立て地を一直線に走り西船橋まで延びる大いなる計画の一部でした。
車両は営団側はステンレスカー5000系、そして国鉄側は今後増えるであろう乗り入れ車のモデル作りもかねてアルミ車の301系が用意されました。通勤形にしては異例の空気バネを履き、アルミ車体はクリアラッカー仕上げ。黄色い帯を巻いて地下乗り入れ第一号の栄誉を担いました。1969年には東西線は西船橋まで延長。壮絶な混雑を呈していた総武線のバイパスとして機能し始めました。そして、都心まで一直線とあって、浦安など何もなかった沿線も開発が進み現在に至っています。
・・・さて、東西線の乗客も増え、列車も増発されると、車両も必要となりました。1970年に登場したのは103系1200番台。普通鋼ながら、アルミ車・ステンレス車に似せるべく、灰色8号に塗装され、黄色い帯を巻いています。コストダウンのために301系で採用された新機軸をカットして実用本位の姿となりました。とはいえ、モーターは同じMT55、地下乗り入れ用に地上形とは異なる多段制御の制御器を積んでいることから一概に大きく改悪されたとも言えませんが・・・。103系1200番台は1978年までに7連×5本が登場し、301系と共に活躍しました。
その後、冷房改造を受けたり、10連化が実施されています。また、5連×1本が常磐線に転じています。
しかし、2003年にE231系800番台が登場すると301系共々あっけなく廃車となりました。
今回は、GM101系キットのコンバージョンキットが登場します。冷房改造後がプロトタイプです。
101系キットの側面を真鍮・ホワイトメタル製のものに交換します。抵抗器は騒音低減のために自然通風式となっていますが、それを再現するパーツも含まれています。
下記のページです。
(N) K-2226 JR東日本 103系1200番台 冷改車・先頭セット コンバージョンキット
クハ103-モハ103-クモハ102です。
(N) K-2218 JR東日本 103系1200番台 冷改車・中間セット コンバージョンキット
モハ103-モハ102です。

・・・よく考えてみると、これも広い意味での「東京メトロシリーズ」の一環とも言えようかと思います。
カトーが「東京メトロシリーズ」を行うと発表以来、他社からも東京メトロ・営団地下鉄に関係する車両が続々とリリースされていますので。さて、カトーは何を出してくるのかが気になります。05系の角ライトなのか、吊り目なのか。はたまたワイドドアの15000系なのか・・・。

また、同時にサハ103初期車 更新車のコンバージョンキットも再生産されます。
(N) K-2208 JR東日本 103系 サハ103形 冷房改造車 コンバージョンキット

■113系・115系をディテールアップするパーツです

房総から113系が消滅し、あとはJR西日本・四国に残るのみとなりました・・・。
JR東日本では、長野地区、新潟地区、高崎地区、中央線に115系が残っていますが、遠からず211系あたりに置き換えられるのではないかという話も出ています・・・。
113系・115系のディテールアップパーツが発売されます。
(N) P-141 113系・115系用 AU712クーラー台座
(N) P-142 115系更新車用金押さえドア
アルファモデルの115系キットのドアを交換してお楽しみ下さい。

■変わったクモヤ90です。クモヤ90801

電車区や運転区・運転所の入換用・控車として活躍しているのは少し古い車両を使うのが常です。昭和40年代~50年代後半は73系を改造したクモヤ90形が定番でした。モハ72の両端に運転台を設置。おでこにヘッドライトを付けてほんの少し101系風にしています。一応の図面はあるのですが、タネ車による相違はもちろん、工場によって改造箇所が異なり、シル・ヘッダーの有無、はたまた屋上の配管あたりがよく目立つ相違です。
さて、中央本線が電化され、長野にも電車が配属されるようになりました。それにあわせて1970年、クモヤ90がやってきました。やってきたのは、クモヤ90801。800番台のナンバーが語るように、中央線の低断面トンネルに対応するため、屋根全体が低屋根となっています。そして、行き場を失ったヘッドライトは窓下に2ヶ。大きく表情が変わりました。そして、台車は高速電車用にと試作されたDT14。この後登場した802以降はパンタ部分だけが低屋根化されたため、801はまれに見る珍車となってしまいました。余談ながら、三鷹にいた802は1984年、どういう訳か新設された奈良電車区にやってきました。どうして低屋根車がやってきたのか・・・。そこには国鉄の苦しい財政事情が見え隠れしているわけで。余談。三鷹にクモヤ145を入れて、余ったクモヤ90802を天鉄局の奈良電車区に・・・というのは国鉄らしいところでしょうか。
話は脱線しましたが、クモヤ90801はユニークなスタイルで長野運転所内の入れ換え、職員輸送用に長野駅まで送迎に、はたまた工場入場時や試運転の控車として長野地区で出没していました。民営化後もJR東日本に引き継がれましたが、1997年に廃車され、現在は東京総合車両センターで保存されています。
この珍車のコンバージョンキットが再生産されます。トミックスまたはグリーンマックスのモハ72のコンバージョンキットです。足回りを流用します。
(N) K-2008 国鉄 クモヤ90801 コンバージョンキット

その他パーツ類の再生産情報です。
(N) P-205 EL用新型テールライト
(N) P-402 気動車用タイフォン (暖地用)
(N) P-403 気動車用タイフォン (寒冷地用)

最後に・・・。入荷品・在庫品です。

■お手持ちの車両にTNカプラーを

(N) P-001 TNカプラーアダプター
TNカプラーに対応していない床板を切り取ってアダプターを取り付けることにより、TNカプラーを装備できるようになるのが特徴です。GM製のキットからカトーの完成品まで、各自工夫して取り付けて下さい。ネコパブリッシングの『Nテク完全マニュアル』に使い方が掲載されています。

■鉄コレ動力をGMキットに

(N) P-013 鉄コレ動力取り付け用ツメセット
GMキットの側板裏側と鉄コレ動力に固定用のツメを取り付けて走行性能をアップしようという寸法です。
工夫すれば、いろいろと楽しめようかと思います。

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。