【Nゲージ】 ラウンドハウス クモハ42(茶) ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

ラウンドハウス クモハ42(茶) のご予約を受付中です。

クモハ42形はいわゆるモハ43系の一員で、1934年の東海道本線 吹田~須磨間の電化にあわせて登場しました。20m級の2扉クロスシートという堂々としたスタイルです。モハ42形→クモハ42形は両運転台の電動車です。
戦中には仲間の一部が4扉ロングシート化されたり、戦災に遭い廃車となるものもあり、また戦後は混雑の激化や新車の投入で地方路線に転じました。モハ42001・005・006は1957年に宇部電車区へ転出。以来、クモハ42001に至っては、実に2003年まで宇部・小野田線で活躍しました。

今回は、1989年にワンマン化改造を受けて警戒色が消された後の姿が発売されます。「ラウンドハウス」のため、細部が実車とは異なります。
製品は飯田線用のクモハ42を元に茶色に塗ったものですので…
・クモハ42001パンタ側のホロは実車にはないが、模型にはある。
・パンタグラフは実車はPS16、模型はPS11
・クモハ42001の裾部のリベットが実車は1列、模型は2列。
※クモハ42006は実車も模型も2列。
あたりが異なりますが…。

まあ、手軽なところ、PS11をPS16に交換ということで、手持ちの飯田線のクモハ42にPS16C(4つ足)をはめようとしたら、長手方向のピッチが合いませんでした。パンタ台を移設するなどの工夫が必要なようです。
まあ、どこで線を引くのか…考えどころかもしれません。
とはいえ、そのままでも十分雰囲気が出ようかと思います。

(N) 10-939 クモハ42 (茶) 2両セット

このほか、カトーブランドについては別途ご案内いたします。

【Nゲージ】 トミックス「しまかぜ」 墨入れ・行先シール貼り付け 加工依頼承ります

ご来店ありがとうございます。

近鉄しまかぜ

先日発売されたトミックス「しまかぜ」。エッジの効いた造形がうまく再現されています。
さて…車両の側面には点検ブタがあったり、ドアがあったりして案外立体感があります。模型では、溝で彫ってあるだけでのっぺりとした感じなのが少々残念です。
また、行先シールは付属しておらず、「ミステリー列車」となっています。

というわけで、当店で墨入れ・行先シール貼付の加工依頼を承ります。

近鉄50000系 しまかぜ 墨入れ

左が墨入れ前、右が墨入れ後です。乗務員室扉や側面の点検ブタに墨入れをしています。

近鉄 50000系 しまかぜ 墨入れ

客用扉に墨入れを施しています。これで、側面のメリハリが付きました。

近鉄 50000系 墨入れ

点検ブタに墨入れをしています。このメカニカルな感じがたまらないわけでして…。

近鉄しまかぜ行先貼り付け

行先シールを貼り付けています。これでどこに行くかわかります。

【加工依頼】 (N) トミックス 近鉄50000系 「しまかぜ」 墨入れ・行先シール貼付 1編成分

また、チップLEDの室内灯の取付も承ります。

室内灯

これが純正タイプの室内灯です。遮光テープが目立ってしまいます。じつは、LEDのツバがあり、そのために余計に目立つわけです。

トミックス 室内灯 チップLED化

チップLEDに交換しました。

近鉄 50000系 チップLED化

このように、遮光テープがなくても問題がなくなりました。

下記のページで承ります。

【加工依頼】 (N) トミックス 近鉄50000系 「しまかぜ」 チップLED室内灯取付 1編成分

なお、これらの加工を施した特製品をご用意します。
※出荷までに1週間程度頂く場合がございます。ご了承下さい。

【墨入れ・室内灯チップLED化・行先ステッカー貼付・TN化済】 (N) 92499・92500 近畿日本鉄道 (近鉄) 50000系 「しまかぜ」 6両セット

それでは…。