【Nゲージ】 鉄道コレクション 都営地下鉄三田線6000形、小田急1800形 ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。
鉄道コレクション 都営地下鉄三田線6000形、小田急1800形のご予約を受付中です。

■都営地下鉄三田線6000形

都営6000形

都営地下鉄の2番目の路線となる三田線(6号線)。まずは1968年に巣鴨~志村(現在の高島平)間が開業しました。将来は大和町(現在の和光市)から東武鉄道東上線への乗り入れも計画されており、20m4扉となりました。車体はセミステンレス製で、東武鉄道への乗り入れを考慮して、高運転台、前後で異なる警笛などが目立ちます。当初は4連、ラインカラーは赤でしたが、1968年には日比谷延伸を実施。6連化とラインカラーの青への変更を受けています。1989年からは冷房改造を実施。しかし、1993年から後継車の6300形の置き換えが始まり、一部は改造の上、東急電鉄への乗り入れを行う計画もありましたが、結局、全て6300形に置き換えることとなり、1999年に引退しました。
引退後は、インドネシア、秩父鉄道、熊本電鉄に譲渡されるものも存在します。

今回は、ラインカラーが青色で、非冷房時代のものが鉄道コレクションで発売されます。前面に青帯が入っていますので、1986年から93年頃の姿ということになります。

(N) 鉄道コレクション 東京都交通局 6000形 (非冷房車) 三田線 6両セット

動力、トレーラー化パーツセット、パンタは別売で下記の通りです。

(N) TM-08R 鉄コレ動力 20m級用 A

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0238 パンタグラフ PG16 (2個入)

しかし、動力、トレーラー化パーツセット、パンタグラフはユーザー取付。また、先頭車屋上の列車無線アンテナも「上級者向け別パーツ」。
セットアップする時間もないというお客様もいらっしゃいます。
というわけで、お約束の特製品です。
パーツ類、動力、トレーラー化パーツセット、パンタグラフを取り付けた特製品をご用意いたします。
商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

【パーツ・動力・トレーラー化パーツセット・パンタ取付済】 (N) 鉄道コレクション 東京都交通局 6000形 (非冷房車) 三田線 6両セット

続いて。

■ラッシュ輸送に貢献した小田急1800形。

小田急 1800形

小田急電鉄では、ようやく念願の複々線が2018年に完成予定。これでラッシュ時の増発、スピードアップが実現し、新たな時代に突入します。
しかし、1960年代からのラッシュ輸送は壮絶なもので、増え続ける乗客に対して、いくら車両があっても輸送力不足が深刻でした。
1970年代のラッシュ輸送の主役は何と言ってもロクサン形の1800形。2×4の8連で「急行 新宿」の行先表示も鮮やかに力走していました。
元々、太平洋戦争で被災車両が多数発生し、輸送力不足が深刻であったため、1946年に運輸省のモハ63系電車を導入しました。
その後、1957年には全金属製の車体載せ替えなどを受けています。
1968年からは4000形と併結して8連を組んでいましたが、1973年に脱線事故が発生。4000形との併結は中止され、2×4の8連で急行運用に就くようになりました。その後、1977年からは10連を実施して、急行運用からは撤退。非冷房、旧性能車故に新型車に置き換えられ、1981年に引退しました。今回は末期の2+2の4両固定編成化改造後の姿のものが発売されます。

(N) 鉄道コレクション 小田急電鉄 1800形 (最終編成) 4両セット

動力、トレーラー化パーツセット、パンタは別売です。

(N) TM-17 鉄コレ動力 20m級用B

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0238 パンタグラフ PG16 (2個入)

こちらもお約束の特製品をご用意いたしました。動力、トレーラー化パーツセット、パンタを取付済です。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

【動力・トレーラー化パーツ・パンタ取付済】 (N) 鉄道コレクション 小田急電鉄 1800形 (最終編成) 4両セット

先頭車の運転台側をTNカプラーしたものです。
【TN化・動力・トレーラー化パーツ・パンタ取付済】 (N) 鉄道コレクション 小田急電鉄 1800形 (最終編成) 4両セット

朝の8連急行をイメージした特製品です。こちらも、先頭車の運転台側をTNカプラー化したものです。
【8連化・TN化・動力・トレーラー化パーツ・パンタ取付済】 (N) 鉄道コレクション 小田急電鉄 1800形 (最終編成) 8両セット

本日は以上です。それでは。