【Nゲージ】 カトー EH500、E127系、ET127系ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

カトー 2018年11月発売予定品のご案内です。
この項では、EH500、E127系、ET127系のご案内です。

カトー 3037-2 EH500 3次形 後期仕様

まずは、東北本線の貨物列車を牽引するEH500形です。
首都圏~北海道を直通牽引するために登場したEH500。1997年に登場以来、82機が登場しました。
製造時期が長いことが特徴ですが、10号機以降の3次形が決定版となっています。
製造途中には、関門トンネル用として一部装備が異なる45~50、67~72号機が登場しています。
2011年に登場した73号機~81号機は前面のヘッドマークステー、GPSアンテナを取り付けず、またテールライトがクリアレンズとなっている点が目立ちます。今回はこのグループが発売されます。

(N) 3037-2 JR貨物 EH500形 交直流電気機関車 3次形 後期仕様

さて。例のごとく特製品です。

EH形で全軸駆動なのですが、実は、集電は第1車体、第2車体が独立しており、実質D型機+トレーラーという構成になっています。そこで、第1車体と第2車体の間に引き通し線を設置。8軸集電化を実現し、走行性能を向上させました。スパークが少なくなるので、メンテナンスも楽になります。
あわせて、常点灯化、進行方向逆側のライトちらつき防止のためスナバ回路、ナンバー・パーツ取付も行っています。
商品が到着すれば、安心してお楽しみいただけます。

スナバ回路に関する記述は下記のページを参考にいたしております。
craftな毎日 http://iruchan.blog.so-net.ne.jp/2015-01-15
作者のいるちゃん様とは関係がございません。

このように通電引き通しを設置します。写真は2次形初期車ですが、内容は同じです。

【通電引き通し・常点灯・スナバ回路・ナンバー・パーツ取付・ナックル化】 (N) 3037-2 JR貨物 EH500形 交直流電気機関車 3次形 後期仕様

続いて。
第三セクターのえちごトキめき鉄道で活躍するET127系です。

カトー 10-1516 えちごトキめき鉄道ET127系 2両セット

2015年に北陸新幹線長野~金沢間が開業。それに合わせて並行在来線は第三セクター会社に移管されました。
新潟県内を走る信越本線の妙高高原~直江津間、北陸本線の直江津~市振間は「えちごトキめき鉄道」に移管。
全く性格が異なる2路線が一社になるという事例となりました。
元信越本線の区間は直流電化されており、JR東日本からE127系を譲り受け。元北陸本線の区間は糸魚川~梶屋敷間で交流/直流のセクションがあり、高価な交直両用電車を投入するよりも、安価な気動車を導入した方がコストがかからないため、JR西日本のキハ122系気動車をベースにしたET122形気動車が新製投入されています。このあたりは、第三セクター化の影の部分ではないかと個人的には思うのですが…ここはそういうことを議論する場所でもありませんのでこれくらいで。

今回は、E127系を譲り受けたET127系が発売されます。実車同様、E127系の塗り替え製品です。
但し、スカートがJR東日本時代に強化形に交換されており、その部分も再現されることになっています。

(N) 10-1516 えちごトキめき鉄道 ET127系 2両セット

さて。この製品は、313系2300番台同様、片側台車駆動です。その上、協調を考慮してトラクションタイヤはなし。
313系で実験を行ったところ、4%の同社標準勾配を登らなかったという苦い経験がありましたので、今回、トラクションタイヤを取り付けた特製品もご用意いたします。

カトー 313系トラクションタイヤ取り付け

【トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-1516 えちごトキめき鉄道 ET127系 2両セット

また、同時に墨入れ、色入れを行って立体感を強調したものもご用意いたします。

カトー 10-582 E127系100番台 墨入れ・色入れ品

写真は100番台ですが、内容は同じです。

【色入れ・墨入れ・トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-1516 えちごトキめき鉄道 ET127系 2両セット

あわせて、JR東日本に残るE127系も再生産されます。

(N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

トラクションタイヤ付です。

【トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

また、色入れ、墨入れを行ったものです。

【色入れ・墨入れ・トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

さて。
調べていると、E127系は2013年から強化型スカートに交換されています。で、えちごトキめき鉄道へも強化型スカートのまま譲渡されています。裏を返せば、えちごトキめきのET127系用のスカートをE127系に取り付ければ、今の姿が再現できるわけです。
実車は越後線・弥彦線で活躍しています。トミックスから、新潟色(白をベースに緑のライン)、懐かしの新潟色(赤と黄色)、1次新潟色(白をベースに窓まわりが青、窓下が赤)、新新潟色(白をベースに青のライン)といった115系が怒濤のように発売されており、これらと共演したくなってきます。
というわけで、強化型スカートに交換した特製品をご用意いたします。
今の姿をお楽しみください。

【強化形スカート】 (N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

トラクションタイヤ付です。
【強化形スカート・トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

色入れ・墨入れしたものです。
【強化形スカート・トラクションタイヤ・スナバ回路】 (N) 10-581 JR東日本 E127系0番台 直流近郊形電車 新潟色 2両セット

Assyパーツのご予約も受付中です。

強化型スカートです。
JR東日本時代の2013年から強化型に交換されています。ということは、JR東日本のE127系の交換用としても。

(N) Z04-9261 えちごトキET127系スカート

中間連結ホロです。他社製品のグレードアップにも。

(N) Z06-0561 キハ111-100 ホロ

クーラーです。AU720形ですが、他の車両のグレードアップにも。

(N) Z04-4356 クハE217 クーラーAU720

最後に。タキ1000も再生産されます。

(N) 8037-4 JR貨物 タキ1000形 タンク車 日本オイルターミナル色 矢羽マーク

(N) 10-1167 JR貨物 タキ1000形 タンク貨車 日本石油輸送色 ENEOS エコレールマーク付 8両セットB

以上です。「トワイライト」については、次でご案内いたします。