【Nゲージ】 リトルジャパン クモハ40キット 入荷しました

ご来店ありがとうございます。

リトルジャパンのクモハ40キットが入荷しました。

リトルジャパン クモハ40キット

1932年、片町線の電化に合わせて登場した(ク)モハ40。
当初は平妻でしたが、途中から半流にあらためられています。

両運転台ということで重宝され、富山港線や青梅・五日市線での活躍が知られています。
しばらく品切れしていましたが、半流タイプの車体キットが入荷しました。
合わせやすい板キットで、ガラスははめ込み式と完成品にも劣らない仕上がりです。

以前、当店でも組み立ててみましたが、修正もほとんど不要。
エアブラシで塗ればご覧の通りです。

単行用、増結用などにご活用ください。

(N) 101 国鉄 クモハ40形 制御電動車 (半流) 未塗装板状キット 2両セット

パンタグラフも販売中です。

(N) 0224 パンタグラフ PS13 (2個入)

さて…。

α-modelの115系300番台のキットを組み立ててみました。

α-model 115系300番台キット

ストレートに組んでみました。

α-model 115系300番台キット

奇数車と偶数車でジャンパ栓の有無がありますので、作り分けしています。
カトーのAssyパーツ Z04-8631ジャンパ栓KE76(灰)を使用し、栓受けをクリーム色、ホースを黒色に塗り分けています。
これは、トミックス製の115系1000番台などのグレードアップにも有効なやり方でしょう。
もちろん、ロストワックス製のパーツをおごるというやり方もありますが、コストを考慮してお手軽なプラ製を使ってみた次第です。

α-model 115系300番台

編成全体です。
足回りはトミックスの115系2000番台瀬戸内色4両セットを使用しています。
TNカプラー化も行っています。
余談ながら、床下をグレーで…という方には、113系東海仕様を使うという手もあろうかと思います。
なお、トミックス製の115系を足回りにすると、ベンチレーター、ホイッスルカバー、避雷器、ヒューズ箱も流用でき、無駄はありません。

クハ115-300屋上

屋根はエアブラシで吹きましたが、最後に30cm程度離して、「砂吹き」をしています。
つやが消え、実車のざらっとした質感が楽しめます。

モハ114-300組み立て見本

モハ114-300です。パンタグラフはカトーの4853-9F モハ380やくも パンタグラフを使用しています。
ホーンが1本なのが特徴です。

(N) 4853-9F モハ380やくも パンタグラフ

クーラーですが、α-model製のAU75を使用しました。モールドが非常に繊細で、墨入れをすると非常に効果的です。

(N) 183 Nゲージ用クーラー AU75(S)

このキットで使うときは、裏側両端のツメを削り、屋根板に丸穴を開けて固定するとよいでしょう。
余談ながら、このやり方では、カトー製品のグレードアップに。逆にクーラーの丸い取付足を削れば、トミックス製品のグレードアップに使えます。

α-model 115系300番台便所撤去部分

クハ115-300奇数車はトイレを撤去しています。この部分も再現しています。
余談ながら、行先表示はジオマトリックス 12系用を使用しています。
「岡山」「広島」「下関」「糸崎」あたりが使えそうです。

(N) J8612D 12系/14系 関西・中国・九州 フィルムシール

で…肝心の115系のキットはどうしたかと言われますと…。
作例を作ったので、補充待ちです。
申し訳ございません。
近日中に入荷いたします。今しばらくお待ちください。

さて。この作例ですが…。JNMAで販売しようかとも検討しています。
7月7日(日)11:00~
都立産業貿易会館台東館で開催します。
今回も、南洋物産様との共同出店です。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら、ご相談いたします。
現物を見てからご判断いただければと思います…。

それでは…。