【Nゲージ】 トミックス キハ183系「ニセコ」 ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

トミックス キハ183系「ニセコ」のご予約を受付中です。

トミックス キハ183系ニセコ

札幌~函館間は北海道の中でも本州連絡ルートとして重要な位置を占めています。今は、千歳線、室蘭本線経由のいわゆる「海線」がメインルートですが、1960年代に気動車急行や特急が増発される前は、小樽経由のいわゆる「山線」が主要ルートでした。
しかし、「山線」というとおり、函館行きの上り列車は小樽を出るといきなり急勾配が待っているという過酷な線形であるため、次第に距離は少し長くても平坦な室蘭本線経由が選ばれるようになりました。それでも、定期の急行や特急列車は「ニセコ」「北海」として残っていましたが、ついに1986年11月に全廃。小樽~長万部間はローカル線同然の雰囲気になってしまいました。
しかし、「特に急がない」観光客にとっては、函館本線の山線は風光明媚。車窓から見える羊蹄山やニセコアンヌプリは見応えがあります。また、世界的な観光地となったニセコへのアクセス…という意味もあり、2018年から臨時特急「ニセコ」の運転を開始しました。
あくまでも観光輸送ということから、キハ183系が3両という寂しい編成ではありますが、曲がりなりにも山線に特急列車が走った…ということで注目されています。

というわけで、寄せ集めのキハ183系の3両セットが発売されます。
キハ183-1501はトイレ取付車、キハ182-512はとかち色、キハ183-1505はトイレなしという内容です。
車番だけ見ればたいしたことはなさそうですが、何かしら特徴のある編成です。

(N) 97919 JR北海道 キハ183系 特急形気動車 「ニセコ」セット (3両)

特製品です。

ヘッドライトが白色LEDなのが残念なところです。当店で電球色に光り分けを行います。あわせてパーツも取り付け。商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

写真は「サロベツ」ですが、内容は同じです。

【光り分け・パーツ取付】 (N) 97919 JR北海道 キハ183系 特急形気動車 「ニセコ」セット (3両)

さらに、中間連結器をTNカプラー化したものもご用意いたします。

【TN化・光り分け・パーツ取付】 (N) 97919 JR北海道 キハ183系 特急形気動車 「ニセコ」セット (3両)

以上です。それでは…。