【Nゲージ】 鉄コレ 養老鉄道7700系他ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

鉄コレ新製品のご予約を受付中です。

鉄コレ 養老鉄道7700系

まずは、養老鉄道7700系です。
近鉄養老線を引き継いだ養老鉄道では、車両の老朽化が問題となっていました。
同線では歴代、名古屋線や南大阪線といった幹線から車両を転用していましたが、通勤車の新造が10年以上なく適当なものがなかったこともあり、東急電鉄から7700系を購入することとなりました。
同車は製造から50年以上経過していますが、ステンレス車体のために腐食の心配がなく、鋼体も問題がなかったこと、またVVVFインバータ制御に更新していたことからメンテナンスフリーがはかれることが導入の決め手となりました。
入線に際しては一部編成の帯色変更や、中間車のクロスシート化を行った程度でほとんど東急時代の姿で使用されています。

緑の濃淡の帯の「緑歌舞伎」TQ12編成と前面に赤帯のTQ03編成が発売されます。

(N) 鉄道コレクション 養老鉄道 7700系 TQ12編成 (緑歌舞伎) 3両セットA

(N) 鉄道コレクション 養老鉄道 7700系 TQ03編成 (赤帯) 3両セットB

動力、トレーラー化パーツセット、パンタは別売です。

(N) TM-06R 鉄コレ動力 18m級A

(N) TT-03R トレーラー化パーツセット (カプラー色黒)

(N) 0278 PT7169-A形パンタグラフ (2個入)

特製品です。
動力化、トレーラー化パーツセット、パンタとアンテナなどパーツ類を取り付けたものです。
商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

【動力化】 (N) 鉄道コレクション 養老鉄道 7700系 TQ12編成 (緑歌舞伎) 3両セットA

【動力化】 (N) 鉄道コレクション 養老鉄道 7700系 TQ03編成 (赤帯) 3両セットB

続いて。

鉄コレ 東武9000系

東武初を満載した9000系です。
東武鉄道東上線と営団地下鉄有楽町線の相互直通運転が1987年に開始。それにあわせて1981年に東武側の乗り入れ対応車9000系がデビューしました。ステンレス車体、複巻電動機を使用した自動界磁励磁式主回路チョッパ装置などが目立ちます。まず、先行試作車として9101編成が、そして1987年に量産車である9102編成以降が製造されています。
当初9101編成はパンタが2台搭載であることが目立っていましたが、量産車の登場に合わせて1台に削減されています。
その後、2008年になって副都心線が開業。同線はホームドアを採用していますが、ドアの位置が他系列とは合わない9101編成は乗り入れ対象から外されており、現在は地上線専用となっています。
以前、登場時の姿のものが発売されましたが、今回はパンタ削減、通風器の一部撤去を行った現行仕様が発売されます。この他、クーラー、ベンチレーターは鉄コレ第29弾で採用された改良品に。側面の車番プレートが撤去された姿も再現される予定です。

鉄コレ 東武9000系試作品

試作品です。

(N) 鉄道コレクション 東武鉄道 9000系 9101編成 現行仕様 4両セット

(N) 鉄道コレクション 東武鉄道 9000系 9101編成 現行仕様 10両セット

(N) TM-08R 鉄コレ動力 20m級用 A

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0258 パンタグラフ PT4811N 2個入

特製品です。
動力化、トレーラー化パーツセット、パンタ、パーツ類を取り付けたものです。

編成1モーターのものです。
【動力化・1モーター】 (N) 鉄道コレクション 東武鉄道 9000系 9101編成 現行仕様 10両セット

編成2モーターのものです。
【動力化・2モーター】 (N) 鉄道コレクション 東武鉄道 9000系 9101編成 現行仕様 10両セット

以上です。それでは。