【Nゲージ】 模型工房たぶれっと 787系「有明」、キハ40系「山明」「紫水」デカール他発売中です

ご来店ありがとうございます。
模型工房たぶれっとのデカールが入荷しました。
お手持ちの車両をドレスアップしてください。

MTR787 787有明BM101~108編成 Nゲージデカールセット

まずは、787系「有明」です。
九州新幹線が全線開業する前、787系は「つばめ」のほか、「有明」にも使用されていました。
で、「かもめ」「みどり」同様、列車によってロゴマークが異なるのが特徴で、赤地に白文字の「有明」と側面の「ARIAKE」がよいアクセントとなっていました。
「有明」は4連と6連が存在。時には7連と併結して「つばめ」の増結用でも使われることがありました。
先日、カトーから4両セットが発売されました。「AROUND」仕様ですので、いったん塗装をはがして塗り直し、デカールを貼れば「有明」のできあがり。という寸法です。

(N) MTR787 787有明 有明BM101~108編成 Nゲージデカールセット
…4両編成用です。

6両編成の再現には下記の商品をご利用ください。

(N) 787有明 BM12編成 Nゲージデカールセット
…7両セットを元に塗り替えてください。

続いて。JR北海道のイベント用気動車。「山明」「紫水」。

キハ40形1700番台の内装を木目調にあらため、テーブルなどを設置したものです。
「山紫水明」ということばにあわせて、「山明」が広大な山地をイメージした緑色、「紫水」は日の光が当たり山が紫色にかすんだ様子をイメージしています。

模型工房たぶれっと MTR1790・1791

実車同様、キハ40形1700番台を塗り替えてお楽しみください。

(N) MTR1790 キハ40 山明 Nゲージデカールセット

(N) MTR1791 キハ40 紫水 Nゲージデカールセット

入荷品最後は819系の床下・車端機器セットです。

MTR819HG 819系床下・車端機器セット

筑豊本線・若松~折尾間のいわゆる「若松線」、香椎線で活躍しているBEC819系。
G社819系の床下をグレードアップするものです。トイレタンクなど床下機器が含まれています。
また、コーションマークなどのデカールも含まれています。

(N) MTR819HG 819系 床下・車端機器セット

このほか。模型工房たぶれっとのパーツ類の在庫です。

GSEの車端部をグレードアップ。

模型工房たぶれっと GSE用車端機器セット

こちらもトイレタンクなどのパーツ類です。

(N) GSE用車端部床下機器セット

787系「有明」。6両編成用のデカールです。

(N) 787有明 BM12編成 Nゲージデカールセット

115系などの瀬戸内色をお手軽に再現。帯デカールです。

(N) 瀬戸内色製作用汎用帯デカールセット

さて。

E653系色入れ・墨入れ・室内灯取り付け

お客様からの特注品でグリーンマックスE653系の墨入れ、色入れの他、純正室内灯を取り付けた特製品を製作しました。
多灯式で明るく均一に光る…というのが特徴です。
プリズムがないので窓から照明が目立たないという触れ込みです。
レンタルレイアウトでは目を引きそうです。
ただ…。車両側で室内灯を取り付けるという発想がどこにもないのが少々残念なところです。
両面テープを使わずに取り付けられるように設計してほしいところですが、それは今後に期待することにしましょう。
あとは、電球色の発売も期待したいところです。

GM E653系 LED交換

で。ヘッドライトなのですが…。
やはり暗いのをどうにかしたいところです。
右の車両はLEDと抵抗を交換したものです。
オレンジ色のLEDの車両のグレードアップ用としても、標識灯なしのライト基板を出すかどうかもやはり考える必要がありそうです。
ただ、今のところ、K社のEF64の常点灯基板、同じくブルートレイン用のトレインマーク基板の次になりますが…。

カトー 24系 瀬戸 トレインマーク点灯化ライト基板使用例

というわけで、試験販売中の「トレインマーク点灯化基板」。
おかげさまで売れましたので、増産しました。

【トレインマーク点灯化】 (N) 8047G カトー 「北斗星」用 ライトユニット

一定の需要はあるのかとも感じていますが…。
この調子でいけば、イベントでも販売することにしましょう。

次のイベント出店は
4月4日(土)、5日(日) ナゴヤ鉄道模型バザールです。
会場は 東別院会館2階「連」。
朝10時~夕方5時(5日は4時)です。

ここでEF64用の常点灯基板の開発ができればと思います。

それでは。