【Nゲージ】 トミックス24系25形「あさかぜ」、EF81 400 ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

トミックス 24系25形「あさかぜ」JR東日本仕様、EF81 400のご予約を受付中です。

トミックス EF81 400・24系25形「あさかぜ」JR東日本仕様

東京~博多間を結んでいた寝台特急「あさかぜ」。1958年には初代ブルートレイン20系が投入され、以来筆頭格ともいえる存在でした。
民営化直前の1987年には「あさかぜ」1・4号のグレードアップを実施。B寝台4人個室「カルテット」(オハネ24形700番台:「富士」から転用)、同じく2人用個室「デュエット」(スハネ25形700番台:シャワー室付き)、そしてA寝台1人用個室「シングルDX」もグレードアップ。さらに、食堂車については内装を全面的にグレードアップ。「星空」調のオシ24 701~704、「オリエント」調の705・706が登場。それ以外のB寝台車についても通路にカーペットを敷き、寝台のモケットをオレンジ色に張り替えています。外観は帯が銀色2本から金色3本に改められ、グレードアップ車ということをアピールしていました。
このスタイルは翌年登場した「北斗星」にも受け継がれており、まさに寝台特急のグレードアップの見本的な役割を果たしました。
しかし、「あさかぜ」1・4号も乗客の減少は著しく、1994年には廃止。廃止後余剰となった客車は東北本線の「はくつる」に転用されています。「あさかぜ」1・4号が廃止になったことは大ニュースになっていたのを記憶しています。

基本セット7両、増結セット8両で発売されます。食堂車については「オリエント」調の705・706が含まれます。
テーブルランプが点灯式なのが特徴です。
余談ながら、トレインマークは「あさかぜ」が印刷済ですが、そこを工夫すれば「はくつる」でも楽しめようかと思います。編成については各自工夫してください。

(N) 98725 JR 24系25形特急寝台客車 (あさかぜ・JR東日本仕様) 基本セット (7両)

(N) 98726 JR 24系25形特急寝台客車 (あさかぜ・JR東日本仕様) 増結セット (8両)

特製品です。
車番などのインレタを転写、パーツ類を取り付けたものです。あわせて、編成の両端をTNカプラー化したものです。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

【インレタ転写・パーツ取付済・両端TN化】 (N) 98725・98726 JR 24系25形特急寝台客車 (あさかぜ・JR東日本仕様) 15両フル編成セット

全車TNカプラー化したものです。

【全車TN化・インレタ転写・パーツ取付済】 (N) 98725・98726 JR 24系25形特急寝台客車 (あさかぜ・JR東日本仕様) 15両フル編成セット

同時に下関~博多間の牽引を担当したEF81 400もリニューアル発売されます。
M-13モーター化、ヘッドライトが電球色LED化されたのが特徴です。

(N) 7146 JR EF81形400番台 電気機関車 (JR九州仕様)

こちらも特製品です。
ナンバー、手スリ、ホイッスル、アンテナといったパーツ類を取り付け。そして、進行方向逆側のライトちらつきを防止するためにリプルフィルタを搭載したライト基板に交換したものです。また、TNカプラー化も行っています。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

【パーツ・ナンバー取付・リプルフィルタ】 (N) 7146 JR EF81形400番台 電気機関車 (JR九州仕様)

【Nゲージ】 トミックス キハ143、キハ58系盛岡色、キハ100試作車、DE10ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

トミックス新製品のご案内です。
キハ143、キハ58系盛岡色、キハ100試作車、DE10をご案内します。

トミックス キハ143

キハ143形です。札沼線の輸送力増強用として50系51形客車を1993年から気動車化したものです。出力450PSのN-DMF13HZ形エンジンを1台搭載。最高速度は110km/hを誇ります。キサハ144形をはさんだ3両編成で使われていましたが、札沼線の電化後は室蘭本線に転用されています。

(N) 98088 キハ143形ディーゼルカー (室蘭本線) セット (2両)

特製品です。
車番などのインレタを転写、パーツ類を取り付け。中間連結器をTNカプラー化したものです。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

【TN化・インレタ転写・パーツ取付】 (N) 98088 キハ143形ディーゼルカー (室蘭本線) セット (2両)

さらに、墨入れを行い立体感を強調したものです。

【墨入れ・TN化・インレタ転写・パーツ取付】 (N) 98088 キハ143形ディーゼルカー (室蘭本線) セット (2両)

キハ58系盛岡色

キハ58系盛岡色二題です。
民営化後、イメージチェンジのため各地で塗装変更が行われましたが、盛岡地区では、白地に赤帯に塗り替えられました。今回は、非冷房車の2両セットと急行「陸中」の冷房車3両セットが発売されます。
冷房車はパノラミックウインドーの冷房準備車キハ58形1500番台を冷房本搭載したものが1両組み込まれています。

(N) 98090 キハ58系ディーゼルカー (盛岡色) セット (2両)

(N) 98416 キハ58系ディーゼルカー (陸中・盛岡色) セット (3両)

特製品です。
車番などインレタを転写、パーツ類を取り付けたものです。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

【インレタ転写・パーツ取付済】 (N) 98090 キハ58系ディーゼルカー (盛岡色) セット (2両)

【インレタ転写・パーツ取付済】 (N) 98416 キハ58系ディーゼルカー (陸中・盛岡色) セット (3両)

墨入れ、色入れを行ったものです。立体感を強調したものです。

【墨入れ・インレタ転写・パーツ取付済】 (N) 98090 キハ58系ディーゼルカー (盛岡色) セット (2両)

【墨入れ・インレタ転写・パーツ取付済】 (N) 98416 キハ58系ディーゼルカー (陸中・盛岡色) セット (3両)

トミックス キハ100試作車

キハ100形試作車登場時です。
1990年に登場。車体は薄緑色をベースに緑のラインが入っています。試作車は当初ブラックフェイスでした。
ブラックフェイスの登場時のものが発売されます。

(N) 98089 JR キハ100形ディーゼルカー (試作車・登場時) セット (2両)

特製品です。
車番などのインレタを転写、パーツ類を取り付けたものです。
あわせて、リリース文ではライトが白色LEDとなっていますので、電球色に光るように光り分けをしたものをご用意いたします。量産車は方向幕が点灯しませんので、LEDを電球色に交換することになる見込みです。

【インレタ転写・パーツ取付・光り分け】 (N) 98089 JR キハ100形ディーゼルカー (試作車・登場時) セット (2両)

さらに、墨入れ、色入れをして立体感を強調したものです。

【墨入れ・インレタ転写・パーツ取付・光り分け】 (N) 98089 JR キハ100形ディーゼルカー (試作車・登場時) セット (2両)

この項最後です。

トミックス DE10

DE10です。国鉄色、JR貨物新更新車が発売されます。

国鉄色はスノープロウ付きで前面ワイパーのいわゆるB寒地仕様です(製品は「暖地型」を名乗っていますが)。
前面のナンバーが九州地区で見られたようにオレンジ色地となっているのが特徴です。

(N) 2243 国鉄 DE10形1000番台 ディーゼル機関車 (暖地型)

JR貨物新更新車はオレンジ、グレー、ホワイトでオリジナルのイメージを残したものです。

(N) 2244 JR DE10形1000番台 ディーゼル機関車 (暖地型・JR貨物新更新車)

特製品です。いずれもナンバーなどパーツ類を取り付け、TNカプラー化したものです。
※TNカプラー化が不要な場合はコメント欄にご記入ください。

【パーツ取付・TN化】 (N) 2243 国鉄 DE10形1000番台 ディーゼル機関車 (暖地型)

【パーツ取付・TN化】 (N) 2244 JR DE10形1000番台 ディーゼル機関車 (暖地型・JR貨物新更新車)

このほか、24系25形「あさかぜ」、EF81などがございますが、次以降でご案内いたします。