【Nゲージ】 模型工房たぶれっと 或る列車、瀬戸内色、広島快速色デカール、α-model 113系・115系キット入荷しました

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

模型工房たぶれっとのデカール、α-modelのキット各種が入荷しています。

まずは、模型工房たぶれっとのデカールからです。

キハ47形を改造して誕生したD&S列車「或る列車」。

そのモチーフは1906年に九州鉄道が発注した豪華列車。しかし、車両が到着した頃には鉄道国有化。九州で走ることはなく、東京近辺で賓客や団体列車として使用されました。ところが、それほどの需要もなかったことから使用頻度は低く、1923年に教習車に改造されてしまいました。1935年に鉄道趣味誌『鉄道趣味』で「或る列車」として紹介され、以来、趣味の世界ではそう呼ばれるようになりました。

そんな悲運の車両をイメージしたD&S列車「或る列車」。原信太郎氏が模型化したものをモチーフに、水戸岡鋭治氏がデザイン。金色をベースに細かい模様が入っており、車内でスイーツが楽しめるというものです。
模型でも、実車同様改造して走らせたいもの。そのデカールセットです。
デカールの他、窓埋めパーツなども付属しています。

(N) 或る列車 Nゲージデカールセット

続いて。
広島地区の115系二題。
1982年に登場した115系3000番台に採用された「瀬戸内色」。民営化後は他の車両にも波及しました。クリーム1号に青20号の帯が入ったものです。
また、1994年に新広島空港が開港。それに合わせてアクセス快速が誕生。115系の一部をグラデーションが入ったカラーに変更しました。「広島快速色」と呼ばれています。
帯デカールが入荷しています。
マスキングの手間が省けます。

(N) 瀬戸内色製作用汎用帯デカールセット

(N) 115系広島快速色 Nゲージデカールセット

続いて。α-modelのキット類です。

113系1000’番台が新登場しました。
横須賀線・総武快速線、房総地区で活躍しました。横須賀色が定番ですが、一部が東海道本線(東京口)にも転用されました。
お好きな色に塗って下さい。

(N) 2132 クハ111-1000′ 2両入り 車体キット

中間車は新製冷房車をご使用下さい。

(N) 2130 国鉄 (JR) モハ112、113 (新製冷房車) 未塗装車体キット

また、新製冷房車(0’番台)のクハ111もございます。

(N) 2128 国鉄 (JR) 113系0’番台 直流近郊形電車 クハ111(新製冷房車) 未塗装車体キット 2両入り

最初にご紹介した115系瀬戸内色、広島快速色。
タネ車のキットもございます。

300番台です。余談ながら、塗り分けを変えると湖西線の113系700番台となります。

(N) 2120 国鉄 (JR) 115系300番台 直流近郊形電車 クハ115-300 未塗装車体キット 2両入り

(N) 2124 国鉄 (JR) 115系300番台 直流近郊形電車 モハ114-300、モハ115-300 各1両入り 未塗装車体キット

0番台です。
(N) 2106 国鉄(JR) 115系 直流近郊形電車 クハ115形 車体キット 2両セット

(N) 2112 国鉄(JR) 115系 直流近郊形電車 モハ115・モハ114形 車体キット 2両セット

それでは…。