【Nゲージ】 トミックス 253系「成田エクスプレス」他ご予約受付中です

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

トミックス 253系「成田エクスプレス」他のご予約を受付中です。

初代「成田エクスプレス」253系。
1991年に成田空港直下にJR東日本、京成が乗り入れを開始。両社とも新型特急車がデビューし、開業に花を添えました。
京成では、AE100形「スカイライナー」。初代AE車も8連化して旅客の増加に対応。
JR東日本では253系がデビュー。3連固定で、白をベースに赤と灰色を配した大胆なカラーリング。普通車はボックスシート、グリーン車は1+2列または1+1列という何とも豪華な座席配列となり注目されました。「成田エクスプレス」と命名され、成田空港~東京~新宿・池袋/横浜・大船と運転。東京地下駅では連結解放が繰り返されることも話題となりました。
当初は3連固定でしたが、好評のため、翌年から一部が6連化されました。
しかし、2010年に京成「成田スカイアクセス線」が開業。新型AE車が登場するにあたり、迎え撃つJRでは、E259系を投入。6連2本が「日光」「きぬがわ」、3連2本が長野電鉄に譲渡された以外はすべて廃車解体されてしまいました。経年20年足らず。短命な車両の一つだったのかもしれません。
背景の一つには、ボックスシート→のちに集団見合い式に改造された使い勝手の悪い座席があるのかとも推測されますが…。
とはいえ、大胆なカラーリングと背の低い車体断面。最短の3連で走れる小回りの良さは強烈な印象を与えました。
トミックスでは、登場直後にいち早く発売。今に続くTNカプラーの採用など従来品とは一線を画す仕上がりが印象的でした。

今回は、6連固定が新たに登場するなどリニューアルされます。

通常品です。
(N) 98653 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットA (6両)

(N) 98654 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットB (3両)

(N) 98655 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 増結セット (3両)

さて。特製品です。例のごとく、アンテナなど別付けパーツもあり、そして車番はインレタ転写式。
セットアップの時間がない…という方もいらっしゃると思います。
パーツ取付済、インレタ転写済の特製品です。

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98653 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットA (6両)

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98654 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットB (3両)

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98655 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 増結セット (3両)

さらに。クーラーやドアに墨入れを行って立体感を演出したものもご用意いたします。

こんな感じで影を付けると立体感がアップします。
写真は683系ですが、内容は同じです。

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98653 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットA (6両)

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98654 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 基本セットB (3両)

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98655 JR東日本 253系 直流特急形電車 (成田エクスプレス) 増結セット (3両)

続いて。短命に終わった「あおさぎ」こと485系「しらさぎ」新塗装。

JR西日本では、1992年から681系、683系を順次投入して、485系の置き換えにあたりました。
1997年には681系を「サンダーバード」に贈投入して、余剰となった485系「スーパー雷鳥」編成が「しらさぎ」に転用されました。
このときは、国鉄色に塗り替えられ、民営化後に登場したクモハ485-200のカラーリングが話題を呼びました。
その後、2001年になってJR西日本の塗装パターンに変更。白をベースに窓まわりが青、窓下がオレンジのラインにあらためられました。
それゆえに「あおさぎ」などと呼ばれました。
しかし、2003年には683系が投入されて置き換えられ、この「あおさぎ」色は短命に終わりました。

ご予約受付中です。

(N) 98650 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットA (7両)
…パノラマグリーン車のクロ481-2000含むセットです。

(N) 98651 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットB (7両)
…非パノラマグリーン車のクロ481-2351を含むセットです。

(N) 98652 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットC (3両)
…増結編成です。

特製品です。
こちらも、特急マークからトイレタンクに至るまで別パーツが山盛り。
そして、車番もユーザーで転写する必要があります。
というわけで、パーツを取り付け、インレタを転写した特製品をご用意いたします。
商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

【パーツ取付・インレタ転写】 (N) 98650 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットA (7両)

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98651 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットB (7両)

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98652 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットC (3両)

さらに。交直流電車なので屋上がにぎやかなのが特徴です。
碍子や配管に色入れ、ドアやクーラーに墨入れを行い、立体感を強調したものもご用意いたします。

写真は国鉄色ですが、内容は同じです。

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写】 (N) 98650 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットA (7両)

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98651 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットB (7両)

【墨入れ・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98652 JR西日本 485系 交直流特急形電車 (しらさぎ・新塗装) セットC (3両)

続いて。
五能線のキハ40系です。
白をベースに青いラインが入ったものです。
以前発売された男鹿線用のバリエーションといえます。

(N) 98058 JR東日本 キハ48形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) セット (2両)

(N) 9435 JR東日本 キハ40形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) (M)

(N) 9436 JR東日本 キハ40形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) (T)

特製品です。
こちらも、タイフォン、アンテナ、タンクなど別パーツがてんこ盛り。
また、車番もユーザーで転写する必要があります。
そして、モーター付の車両のライトは進行方向逆側のものもちらつくことがあります。
特に、タイフォンを取り付けるのが至難の業で…。また、これを付けないと前面が締まらないという問題もあります。

というわけで、パーツ類を取り付け、インレタも転写。さらに、進行方向逆側のライトちらつき防止のためスナバ回路設置(モーター車のみ)を行った特製品をご用意いたします。商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

スナバ回路に関する記述は下記のページを参考にいたしております。
craftな毎日 http://iruchan.blog.so-net.ne.jp/2015-01-15
作者のいるちゃん様とは関係がございません。

写真は北海道形ですが、内容は同じです。

【パーツ取付・インレタ転写・スナバ回路】 (N) 98058 JR東日本 キハ48形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) セット (2両)

【パーツ取付・インレタ転写・スナバ回路】 (N) 9435 JR東日本 キハ40形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) (M)

【パーツ取付・インレタ転写】 (N) 9436 JR東日本 キハ40形500番台 一般型気動車 (更新車・五能線) (T)

以上です。
あとは、「四季島」が残っていますが…。
今しばらくお待ちください。

それでは。