【Nゲージ】 トミックス EF64 77+ED75 121お召しセット、EF81、鉄コレ 近江900形、大阪市交50系の補遺

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

トミックス、トミーテック(鉄コレ)製品の補遺です。
静岡ホビーショーで試作品が展示されていました。また、リリース文で不明だった部分も確認しましたので、補足しておきます。

トミックス EF64 77+ED75 121

EF64 77とED75 121のお召しセットです。
同時に発表されたEF81はヘッドライトが電球色に改良とのことですが、この製品は改良されず、「オレンジ色LEDのまま」とのことです。
このため、ナンバー・パーツ類取り付けの特製品の内容に「電球色LED化」をプラスいたします。
※本日までにご予約なさいましたお客様については、電球色LED化もプラスいたします。価格の変更はございません。

T-01 ライト交換例 TOMIX EF81

写真はEF81(当店ライト基板使用例)ですが、内容は同じです。

【電球色LED化・ナンバー・パーツ取付・TN化】 (N) 97913 <限定> EF64 (77号機)・ED75 (121号機) (お召塗装)セット (2両)

トミックス EF81改良品

続いて。EF81の改良品についてです。

トミックス EF81 改良品

今回は上記の内容を変更するとのことです。なお、モーターについてはプログレッシブグレードに使っているようなものではないとのことです。実質的には在来品の再生産という位置づけですが、内容が少し変わったので「新製品」という扱いとのことです。

トミックス EF81改良品

試作品各種です。

ご予約受付中です。
(N) 7121 国鉄 EF81形電気機関車 (ローズ)

(N) 7122 JR EF81形電気機関車 (トワイライト色)

ナンバー、パーツ類を取り付けたものです。
商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

【ナンバー・パーツ取付・TN化】 (N) 7121 国鉄 EF81形電気機関車 (ローズ)

【ナンバー・パーツ取付・TN化】 (N) 7122 JR EF81形電気機関車 (トワイライト色)

続いて鉄コレです。

鉄コレ あかね号

近江鉄道900形「あかね号」です。
実車同様、西武新101系の色替え製品です。
ご予約受付中です。
動力化、トレーラー化パーツセット、パンタを取り付けた特製品です。商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

【動力化】 (N) 鉄道コレクション 近江鉄道 900形 あかね号 2両セット

鉄コレ 大阪市交通局50系

鉄コレ 大阪市交通局50系

大阪市交通局50系です。同じように見えて、細部が異なります。
上は元々の50系(5000形、5500形)です。戸袋窓が小さい「4次車」がプロトタイプです。この部分に網棚を設置したため、小さくなったというわけです。

下は、200形編入車の5700形です。編入にあたり、電装解除、運転台撤去を行っています。
戸袋窓が通常の窓と同じサイズである点が目立ちます。余談ながら、200形は201~223はテールライトが上にあって引っかけ式、224~228は下にあって埋め込み式(50系と同じ)となっており、A形、B形と細分されていました。
タネ車のテールライトの差異なども再現されています。
写真では、左がA形のATC取付車を運転台撤去したもの。右がB形のATCなし車を運転台撤去したものです。
A形は改造にあたり、テールライトを外しています。

こちらも、動力化した特製品のご予約を受付中です。

【動力化】 (N) 鉄道コレクション 大阪市交通局 地下鉄谷町線 50系 5069編成 6両セットA

【動力化】 (N) 鉄道コレクション 大阪市交通局 地下鉄千日前線 50系 5085編成 4両セットA

「A」と記載がありますが、オリジナルの50系では、製造時期や使用路線によるバリエーションが見られます。また、編入車では19m級の5800形、5900形も存在します。これらの組み合わせでBセットなりCセットなりのバリエーションができそうだと踏んでいますが…。
余談ついでにいえば、緑色の中央線がラインナップされていません。初期車が多く配置されていましたので、「ペンキ書きの前面車番再現」とか「戸袋窓が大きい点を再現」、はたまた「抑速制動追加のため床下機器の変更点を再現」…。大阪万博の開催が決定しましたので、中央線がらみでネタを持っているのではないかと想像されますが…。
乗り入れ先の近鉄7000系やVVVFインバータ制御の20系と並べると「厚化粧しました」という感がぬぐえないのも事実でした。1980年代の中央線はそれなりに楽しめたのですが、それを知る人も少なくなってきているのかもしれません。

最後は余談ばかりでした。失礼いたしました。