【Nゲージ】名鉄7000系「パノラマカー」、8800系「パノラマDX」再生産です

Facebook にシェア

名鉄7000系「パノラマカー」

ご利用ありがとうございます。
本日は、トミックス 名鉄7000系「パノラマカー」、8800系「パノラマDX」、ワイドトラム鉄道模型運転セット2などのご案内をいたします。

■名鉄と言えば、やはり「パノラマカー」

2009年8月30日、名鉄の一つの時代が終わりました。7500系を含む一族188両が製造され、座席指定の特急から普通まで幅広く活躍していた7000系「パノラマカー」が引退しました。現在、舞木検査場に7001-7002が静態保存されていますが、神宮前でカメラを構えていても「パノラマカー」がやってくるような気がしてなりません。それだけ、名鉄の110年を超える歴史の中で重要な位置を占めていると言えましょう。
さて、名鉄7000系「パノラマカー」は1961年に特急用として登場。イタリアの特急電車ETR300系をお手本にしたといわれています。また、1960年におとなりの近鉄が10100系「ビスタカー」で鉄道友の会「ブルーリボン賞」を受賞したことにより、「近鉄が賞を取れたのだから、名鉄も取れるような車両を作る」というハッパもあったとのことです。
やはり、運転台を2階に上げて前面展望席を日本で初めて設置したことと今も名鉄のシンボルカラーとなっているスカーレットが大きな特徴といえるでしょう。
今回は、2次車の一般車と白帯車が再生産されています。
下記のページで販売中です。
スカーレット一色の一般車です。
(N) 92320 名鉄7000系「パノラマカー」 2次車 4両基本セット
(N) 92321 名鉄7000系「パノラマカー」 2次車 2両増結セット

座席指定特急に使用されていた「白帯車」です。
(N) 92319 名鉄7000系「パノラマカー」 2次車 白帯車 4両セット
2次車の白帯車は最後まで活躍した7011Fです。

■逆転の発想。「パノラマDX」

さて、1980年代に入るとデラックスなサロンバスやジョイフルトレインが登場しました。名鉄を代表する「パノラマカー」も登場以来20年を過ぎました。ここで、次世代の「パノラマカー」をという気運が高まり、1985年に8800系「パノラマDX」が登場しました。
大きく変わったのは、運転台を1階に下げて展望席を2階に上げるという「逆転」が行われました。ちょうどハイデッカーのバスが出始めた頃で、眺めがよいと評判がよく、鉄道の世界でも、座席を高いところに配置するのが流行りだした頃です。
また、サロンバスに対抗してセミコンパートメントやサロンシートを配置。団体利用も考慮されました。まさに、パノラマカーのデラックス版として活躍していました。料金も500円と割高でしたが・・・。
さて、2両固定×4編成が登場しましたが、1989年には好評のため3連化されました。92年には団体輸送の低迷からデラックス料金を廃止。8807Fを除いた3編成は中間車を通常の座席配置に変更して、西尾・蒲郡線の特急に転用されました。
その後、特急の減便などがあり、2005年に引退しています。
3両時代の姿です。
(N) 92291 名鉄8800系「パノラマDX」3両セット

続いて・・・。

■路面電車を走らせてみましょう。「ワイドトラム鉄道模型運転セット2」

近年何かと注目されているLRT。日本の場合、車両ばかりがクローズアップされる傾向にありますが・・・。
富山ライトレールの成功などで模型の世界でも路面電車の車両が続々と発売されています。その車両を道の上で走らせて楽しんで下さい。
パワーユニット、線路がセットになっています。コルクボードの上に線路を固定して建物を並べてレイアウトにするのも楽しいかもしれません。
(N) 90094 ワイドトラム鉄道模型運転セット2
・・・単品線路も順次お取り扱いしてまいります。今しばらくお待ち下さい。

最後に・・・。

■ニ軸のタンク車・タキ500形

1931年に登場した二軸のタンク車・タキ500形のカラーバリエーションが発売されています。今回は、グレー(液化石油ガス:いわゆるLPガス)、白(液化アンモニア)です。実車はガソリン専用の15t積みで、タンク体は黒ですので、厳密にはフリーということになります。
(N) 2747 タキ500(グレー)
(N) 2748 タキ500(ホワイト)

本日は以上です。