【Nゲージ】 トミックス 227系1000番台 ご予約受付中です

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

トミックス 227系1000番台のご予約を受付中です。

トミックス 227系1000番台

和歌山線・桜井線用として2019年に登場。105系、117系を置き換えました。
広島地区の0番台は転換クロスシートですが、1000番台はロングシートとなっている点が大きく異なります。

トミックス製品が発売されます。0番台の色替えとしていずれは出るであろう…という感じの製品です。

(N) 98074 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットA (2両)
…1パンタ車です。

(N) 98075 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットB (2両)
…2パンタ車です。

特製品です。
外幌などパーツ類を取り付け、ナンバーなどのインレタを転写したものです。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

227系外幌有無

写真は0番台ですが内容は同じです。

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98074 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットA (2両)

【パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98075 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットB (2両)

あわせて。
墨入れと中間連結器もTNカプラー化したものです。立体感を強調したものです。

【墨入れ・TN化・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98074 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットA (2両)

【墨入れ・TN化・パーツ取付・インレタ転写済】 (N) 98075 JR西日本 227系1000番台 直流近郊形電車 (和歌山・桜井線) セットB (2両)

ご予約受付については以上です。

さて。先日のトミーテックセールスミーティングの余談です。
試作品の写真が出てくるというわけではございませんので興味のない方は無視していただいて結構ですが、個人的におもしろい情報が聞けました。

トミックス 機関車リニューアル M13モーター

機関車のリニューアルの中に「M-13モーター採用」という記載があります。
実は、227系1000番台など、今回発表されたもののほとんどに「M-13モーター」が使用される予定です。

では、この「M-13モーター」はどんなものかというのが気になります。
「低速時のトルクを強くしたもの」ということでした。わかったようなわからないようなことですが、もう少し言えば、モーターの動き出しの回転力を強くした。つまりはラピッドスタート(突然走り出すこと)を防止することが効果としてあげられます。で、機関車列車特有の「力強くゆっくり加速する」ということがより実感的に楽しめるわけです。

さて。気になるのが互換性です。
回りくどい話ですが、「ダイキャストは在来品と違うのか」という質問をしてみました。
「実は同じである」という回答でした。

ということは…。在来品の「M-9モーター」と取付寸法上での互換性はあるのかというと「実はある」という回答でした。

さらに。

M-9とM-13を連結したらどうなるのかと聞いてみました。

「協調しないので気をつけて欲しい」ということでした。
本音を言えば「混ぜるな危険」。

ついでに。

「もし、M-9モーターが壊れたらどうするのか」

これは、「引き続きM-9モーターは供給するので心配は不要である」
ということでした。

さてさて。この会話から全てを推測するのは乱暴なことではありますが、何となくどうしたいのか。今月発表の新製品のほとんどに「M-13モーター」が使用されている理由が読めてきました。

ちょっと気になるのが、115系300番台の下関車(黄色)と2000番台の体質改善車の併結。
実はモーターが異なるのです。「混ぜるな危険」なのですが、さて…。どうしたものなのか。

ということですが、実は今月発表のキハ52だけは「M-9」です。
在来車との併結を念頭に置いているそうです。

M-13を搭載した車両がそろそろ出始めていますが…。しばらくの間は混結問題で頭を悩ませそうです。
いや、そんなことは杞憂に終わればよいのですが…。

また、ライト基板ですが、電球色を採用していますが、取付寸法は「いわずもがな」。
なお、進行方向逆側のちらつき防止対策は以前の商品同様、施していないということでした。

とりとめのない話ですが、雑談としての情報でした。
なお、この文章を元にして損害を被っても一切責任は負いません。各自自己責任で実験してみてください。

それでは。