【Nゲージ】 GM 近鉄特急 行先表示ステッカー 入荷しました

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

完成品の仕上げ作業といえば、やはり行先ステッカーの貼り付けがいちばんではないかと思います。
行先表示を印刷済とする製品も一時は増えましたが、逆にシール選択式に戻りつつあるところもあります。
そういえば、印刷済の行先が新宿線仕様と池袋線仕様があり、それぞれ同時に発売。さらに貫通ドア窓のサイズが違うのもいっしょに発表されてしまいどうすればよいのか…という販売店泣かせのメーカーもありましたが…。

もちろん、製造時期による貫通ドア窓のサイズ違いまでこだわっているというのはある意味忠実に再現したいということなのでしょうが。

逆に行先ステッカーが伝統的に含まれないというメーカーもあります。以前、理由を聞いたことがありますが「行先はユーザーで各自工夫してほしい」という回答でした。もっとも、価格を低く抑えたい、部品を多く持ちたくないなどの理由もあるのではないかと推測していますが…。

というわけで、GM製の近鉄特急行先表示ステッカーが入荷しました。

GM 6824 近鉄特急行先表示ステッカー1

収録は50000系「しまかぜ」、21020系「アーバンライナーnext」、12400系・12600系「サニーカー」、30000系「ビスタEX」、16000系、16400系、16600系:南大阪線用と多岐にわたっています。

50000系や30000系はトミックスから発売されていますが、メーカーの方針で行先ステッカーは含まれていません。
これではちょっと残念です。GM製品以外にもトミックス製品でもお役立てください。
余談ながら、30000系の前面用には「橿原神宮前・奈良」「京都・大阪難波」「橿原神宮前・吉野連絡」も収録されています。
「京都・大阪難波」あたりは以前見られたビスタEXの重連を再現できるというわけで、使い出があるかもしれません。

(N) 6824 近鉄特急 行先表示ステッカー1

他にも近鉄関係のパーツ類がございます。

GM 近鉄21020系アーバンライナーnext光り分け

名阪特急で活躍する、いや最近は伊勢方面にも足を伸ばしている「アーバンライナーnext」。GM製品の標識灯は白色です。
実車はオレンジ色に輝いているだけに非常に残念です。
ライト基板を交換して、よりリアルな姿でお楽しみください。

交換例です。

【近鉄特急Nゲージ光り分けライト基板】 (N) G-02 ヘッドライト 白色+標識灯 オレンジ色 1ヶ入り

余談ながら、このライト基板。GMの阪神9000系や9300系の標識灯点灯化にもご使用いただけます。

阪神9300系

このほかにも京阪3000系(行先表示が光らない以前のもの)あたりにも。

続いて。

GM 近鉄22000系 光り分け見本

行先表示が光らない22000系「ACE」の標識灯点灯にはこちらをご使用ください。

【近鉄特急Nゲージ光り分けライト基板】 (N) G-01 ヘッドライト 電球色+標識灯 オレンジ色 1ヶ入り

このほか。車いすマークのインレタです。
近鉄の場合、白地に青文字となっている点がポイントです。
トレジャータウン製です。
「シリーズ21」「ACE」など案外使えます。

(N) TTL806-13D 車椅子・ベビーカー表示2 【白色地】 インレタ

エヌ小屋製の室内パーツです。

T社50000系「しまかぜ」の運転室仕切です。製品は黄色で向こうが見えませんが、ここをアクリル製のパーツに交換すると実車同様、前面展望が楽しめるようになります。

(N) 10190 TOMIX 「しまかぜ」用 展望車透明仕切パーツ

エヌ小屋 10193 青の交響曲室内パーツ

南大阪線16200系「青の交響曲」の室内パーツです。
テーブル、カーペットなどの再現が楽しめます。

(N) 10193 Green Max 「青の交響曲・ブルーシンフォニー」 各車室内パーツ3両分

以上です。それでは。