【Nゲージ】トミックス EF60他ご予約受付中です

ご利用ありがとうございます。

本日は、トミックス EF60などすでにご予約受付を開始した商品、ヨ6000など入荷した商品の中でまだ当ブログでご案内していないものをご紹介いたします。

まずはご予約受付中のものからです。

■F級直流新型電気機関車のトップを飾るEF60

1957年、北陸本線の田村~敦賀間が交流電化されました。本来は直流電化で計画されていたのですが、仙山線の試験結果が良好だったために急遽、交流電化されたという経歴があります。このときに開発された技術が直流電気機関車にも応用され、いわゆる「新型電気機関車」が登場しました。
トップはD級のED60・61で、1958年に誕生。小さな車体で大きな出力が出せることから「アトム機関車」と呼ばれました。そして、EH10並のパワーをF形でも出せるEF60形が1960年に登場しました。モーターは MT49で出力425kw×6=2,340kw(EH10が2,530kw)であり、貨物列車の高速化に貢献しました。当初はクイル式駆動でしたが、振動の問題があり、1962年の15号機からは吊り掛け駆動に戻りました。モーターはMT52形となり、425kw×6=2,550kwとEH10を超えています。このMT52形は小変更を加えながら国鉄最後の新製機であるEF64 1000まで受け継がれているロングセラーのモーターとなりました。
143両が登場。うち14両はブルートレイン牽引用の500番台でした。
塗装は登場時はぶどう色2号、1965年頃からは青にクリーム色の警戒色というおなじみのカラーリングになっています。
異色なのが19号機で、高崎第二機関区在籍時の1986年、貨物列車の削減により廃車が決まり、さよなら運転を・・・という際、お座敷列車「やすらぎ」と同じ、アイボリーに赤と青の帯にあらため、ファンを驚かせました。さよなら運転自体は行ったものの、非常に好評のため、廃車予定が急転直下、イベント用として延命。皮肉にも「やすらぎ」が2001年、先に廃車になってしまいました。その後も「やすらぎ」色のままでしたが、2007年にブルーの標準色に戻っています。
EF60は主に、東海道・山陽本線、高崎線・両毛線や首都圏近辺で活躍。異色なのは1986年3月から11月というごく短期間ではありますが、紀勢本線・阪和線(要は竜華[りゅうげ]機関区にEF58・15の代役として配置)でも活躍しています。主に500番台が活躍しており、貨物列車の他、普通列車で12系客車も牽引していました。EF60が入ってきたので民営化後も使うのかと思いきや、たった半年で消えてしまうとは意外でしたが・・・(厳密に言うと、0番台も入線していましたが、こちらは4次形:EF65のような二つ目でした)。

今回は2次形が発売されます。
(N) 9119 EF60 19復活国鉄色
シールドビーム二灯タイプです。モニターは黒です。
(N) 9120 EF60 2次形 青
原形ライトです。モニターは青です。
(N) 9121 EF60 2次形 茶色

※余談ながら・・・。やってみたいのが紀勢本線の500番台。車体は3次形であり、運転台窓が2次形は引き違いに対して、3次形はHゴム+開閉窓(EF65のような感じ)となっています。スカートまわりは0番台と変わりませんが・・・。雰囲気だけでよければ、「竜」の区名差しを取り付けて12系を引かせれば異色の客車列車のできあがりです。もっとも、機関車も青、客車も青なので、違和感はありませんでした。

19号機には高崎の旧型客車が定番といったところでしょうか。
(N) 92829 92829 JR東日本 旧型客車 高崎車両センター 7両セット

ついでなので12系もご紹介しておきます。カトー製ですが、アーノルドカプラーで連結してお楽しみいただけます。メーカーが違えば、連結できないのではないかというご質問もいただきますが、連結器が同じであれば問題はありませんので・・・。
(N) 5015 オハ12
(N) 5016 スハフ12
(N) 5017 オハフ13

また、貨物列車を引かせたいのだが、何がどうなのかわからない・・・という方に。貨車を詰め合わせセットにしたものもあります。
(N) 10-809 貨物列車セット(6両セット)
トキ25000(無蓋車)+ワラ1(有蓋車)+タキ3000(タンク車)+チキ5000形(コンテナ車)+レ12000(冷蔵車)+ヨ5000(車掌車)です。
あとは適宜貨車をプラスして下さい。もちろん、2セットでも構わないと思います。

■上野から長野へ。特急「あさま」

さて、東京と長野といえば、今は長野新幹線で最速1時間23分と信じられないくらい速くなりました。それまでは、信越本線の特急「あさま」が活躍していました。横川~軽井沢間ではEF63形2両を上野側に連結して碓氷峠を上り下りしていたのもかなり遠い思い出となりました。
「あさま」は1966年に信越本線初の特急として誕生。当初は181系でした。碓氷峠の関係で連結両数は8両に制限されていましたが、1975年にEF63と協調運転用の189系が登場し、12両運転ができるようになりました。
民営化後の1991年からは一部の指定席車のグレードアップが行われています。また、同時に非グレードアップ車も含め、灰色に窓まわり緑色の「あさま色」となっています。
長野新幹線開業後は「あさま」は廃止になりましたが、塗装はそのまま「あずさ」に転用されたもの、6両になって「妙高」(長野~直江津の新幹線リレー列車)になるものもあります。

商品構成です。
(N) 92435 189系「あさま」グレードアップ車 5両基本セット
クハ189(非グレードアップ)-サロ189-100-モハ189
モハ188-クハ189-500です。指定席車の窓が大きいのが特徴です。ちなみに、非グレードアップ車=自由席車は窓拡大は行われていません。
(N) 92437 189系「あさま」グレードアップ車 2両増結セット
モハ189-モハ188(グレードアップ車)です。
(N) 92434 189系「あさま」5両基本セット
クハ189-サロ189-100-モハ189-モハ188-クハ189-500です。
全車非グレードアップ車です。
(N) 92436 189系「あさま」2両増結セット
モハ189-モハ188です。

編成例ですが・・・。
グレードアップ編成・・・92435(グレードアップ基本)+92437(同増結)×2+92436(非グレードアップ増結)×1
非グレードアップ編成・・・92434(非グレードアップ基本)+92436(同増結)×2
となります。
余談ながら、「妙高」の場合は、
92434(非グレードアップ基本)×1+92435(同増結)×1でOKです。
長ナノN102編成
クハ189-9-モハ189-32-モハ188-32-モハ189-40-モハ188-40-クハ189-510です。
※モハユニットは31以降の後期形で、模型は30までの前期形です。クーラー横のランボードの形状が異なりますが、まあ、そのあたりは雰囲気ということにしても問題はなかろうと思います。

■まもなく引退。山陽新幹線の100系

1964年の開業以来、0系ばかりだった東海道・山陽新幹線に新型車が投入されたのが1985年の100系です。ダブルデッカーはさることながら、前面のシャープな造形、量産車の広窓で眺めのよいサイドビューは今も根強い人気を誇っています。現在、山陽新幹線の「こだま」で使用されていますが、2012年に引退が決まっています。引退を記念して100系3編成が登場時のカラーをまとっています。
(N) 92987 100系山陽新幹線 復活国鉄色 3両セット

その他、ここしばらくの入荷品です。
貨車です。
(N) 2711 ヨ6000
ヨ5000は側窓が4枚に比べヨ6000は車体が短く3枚です。

(N) 2718 コム1 コンテナ付き
異色の二軸コンテナ車です。緑色のコンテナ付きです。
(N) 2719 コム1 冷蔵コンテナ付き
白い冷蔵コンテナが積まれています。

機関車です。
(N) 3059 EF510(動力改良)
JR貨物所属車です。

ディーゼルカーです。
(N) 10-550 キハ82系 6両セット

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。