新製品・再生産品情報,既存商品案内

ご利用ありがとうございます。
「Nゲージはフル編成で走らせないといけないのでしょうか。うちはスペースもお金もなくて・・・」というご意見をしばしばお伺いします。

・・・というわけで、付属編成で遊べる例をご紹介しましょう・・・。

E217系 横須賀・総武快速線

まずは・・・。
15両編成で疾走する首都圏の電車。フル編成にしたいけど、場所もないかもしれません。
写真は横須賀線・総武快速線のE217系ですが・・・。
たとえば、横須賀線の末端区間である 逗子~久里浜間では4両付属編成が単独で走る列車が多数見られます。列車番号の末尾が「H」となっているものを探してみましょう。

また、房総地区の鹿島線でも4両単独編成が見られます。
久里浜16:47→佐倉19:08・・・ここで分割・・・佐倉19:18→鹿島神宮20:28
佐倉→鹿島神宮が4両編成です。
折り返し 鹿島神宮 21:30→佐原 21:59も存在します。

「ベストセレクション」の4両基本セットもいいのですが、やはりモハが1両しか入っていないのはおかしい・・・という方にはこういう遊び方もOKでしょう。

下記のページで販売中です。
(N) 10-847 E217系 新色 4両付属編成セット
この商品はモーター付きですので、そのまま走らせられます。

E231系 東海道・湘南新宿ライン

今度は、東海道本線の東京口や湘南新宿ラインで働くE231系近郊形です。こちらも15両編成で疾走していますが・・・。5両付属編成だけの列車が存在しています。

御殿場線 2331Mが該当します。
東京 17:41→国府津 18:58 ここで分割 19:07→山北 19:30
国府津→山北間が5両編成です。
他にも
国府津 13:34→山北 13:57 2559M
山北 14:40→国府津 15:05 2558M
が存在します。

(N) 10-522 E231系 東海道・湘南新宿ライン 5両付属編成セット

E231系 常磐線

今度は、割と見られる編成です。
常磐快速線のE231系は10両編成と5両編成が存在し、朝ラッシュ時間帯は10両+5両で通勤形最長の15両編成が見られます。
が・・・。E231系は成田線の我孫子~成田間でも使用されており、この区間の折り返し電車は5両付属編成単独のものが多く見られます。

(N) 10-553 E231系 常磐線 5両セット

E531系常磐線

くどくなってきましたが・・・。
同じ常磐線のE531系。5両付属編成だけで運転される列車も時々見られます。
定期運用は消滅しましたが、水戸線で415系やE501系が検査などで不足したときに見られます。
(N) 10-283 E531系 常磐線 5両セット

683系「サンダーバード」

最後に、683系「サンダーバード」です。現在は、大阪を9両で出発し、途中金沢で前3両を切り離して後6両が和倉温泉に直通するものなどが存在します。以前は6両が富山・3両が和倉温泉というパターンもありましたが、現在は運転系統が変更されています。
で、3両単独の営業列車は姿を消したかと思いきや・・・。
「ビジネスサンダーバード」大阪6:01→金沢8:48(休翌日運転)
「おはようエクスプレス」福井7:00→富山8:33(土曜・休日運休)←一例
「おやすみエクスプレス」金沢21:41→福井22:31(同上)

また、名古屋~金沢・和倉温泉の「しらさぎ」でも、末端区間の金沢~和倉温泉は3両という列車も存在します。

・・・となると、683系の3両増結セットだけを買えば遊べそうです・・・。
が・・・動力装置が付いていません。
というわけで、683系用の動力装置が販売されています。
「サンダーバード」用683系付属編成のモハ683-1300(中間車)用の動力装置です。
これを10-556 683系「サンダーバード」3両増結セットに組み込みます。

動力装置は下記のページで販売中です。
(N) 28-144 683系「サンダーバード」増結用動力ユニット モハ683-1305動力装置

683系「サンダーバード」は下記のページで販売中です。
(N) 10-556 683系「サンダーバード」 3両増結セット

基本編成は下記のページです。
(N) 10-555 683系「サンダーバード」 6両基本セット

雰囲気だけでよければ、「しらさぎ」編成にも・・・。
※中間車はサハですので、厳密には床下機器が異なりますが、雰囲気だけでも・・・。
(N) 10-299 683系「しらさぎ」 3両増結セット

基本編成は下記のページです。
(N) 10-298 683系「しらさぎ」 5両基本セット

・・・このほかにも付属編成だけで運転されている列車もあちこちであろうかと思います。また、時刻表や編成表などからも割り出すことができるかもしれません・・・。ぜひ、熱心な地元ファンの方は研究してみて下さい。

最後に・・・。
明日(5月26日)入荷予定です。
■肩肘張らずにお楽しみ下さい。カトーのポケットラインです。
(N) 10-502-2 チビ凸セット いなかの街の貨物列車 (青)
(N) 10-500-1 チビロコセット 楽しい街のSL列車

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。