新製品・再生産品情報

ご利用ありがとうございます。
かなり掲載が遅れてしまいましたが、カトー2011年7月~10月の新製品のご案内をいたします。再生産品も順次掲載してまいります。

■AROUND THE KYUSHUの九州新幹線800系「さくら・つばめ」

話題の九州新幹線。N700系が鹿児島中央から新大阪まで直通運転をしています。
それとともに、2004年に鹿児島中央~新八代間が部分開業した際に登場した800系も活躍中です。登場時は「つばめ」のロゴが入っていましたが、「さくら」にも使われるために共通品というべき「AROUND THE KYUSHU」というロゴに変わりました。
また、5号車に車販準備室と多目的室が追加された関係で、窓割りが変更されています。その部分も再現されます。

(N) 10-865 九州新幹線800系 「さくら・つばめ」6両セット

なお、N700系も好評ご予約受付中です。こちらはトミックス製です。
通常タイプです。
(N) 92411 N700系 九州・山陽新幹線 3両基本セット
(N) 92412 N700系 九州・山陽新幹線 5両増結セット

話題のCM撮影列車です。レインボーカラーが特徴です。
(N) 92986 N700系 九州・山陽新幹線 8両セット(R10編成)

■次駅表示器が目新しかった東京メトロ銀座線01系

東京の地下鉄は東京メトロ・都営あわせて約300kmものネットワークを誇ります。
その中でも銀座線は東京メトロを代表する路線の一つです。
1927年に上野~浅草間が東京地下鉄道によって開業。以来、路線の延伸、東京高速鉄道との乗り入れ、帝都高速度交通営団の発足、民営化と80年以上もの歴史を誇っています。
銀座線といえば、開業時の1000形をマイナーチェンジして1981年まで新車を作り続けていました。ベルリンの地下鉄を参考にした黄色い車体、駅に近づけば、室内灯が消える・・・。形式も多く、釣り掛け車もまだまだ存在している銀座線のイメージを変えたのが1983年の01系でした。アルミ車体を採用。スクエアなデザインは近未来の電車を予感させました。その中でも目新しかったのが、ドア上の「次駅表示器」でした。今でこそ当たり前ですが、登場時にはランプが点灯するだけの簡単な装置とはいえ、優れた装備に思えました。
1993年までに旧型車を一掃。1991年からは冷房化も開始。現在、銀座線で活躍中ですが、まもなく01系置き換え用の1000系が登場予定で、去就が注目されます。
冷房改造車、新製冷房車、VVVF車とバリエーションがありますが、編成番号と模型化の時期の発表はまだありません。ちょっと気になるところです。
あとは、室内灯については新開発予定とのことです。どのような機能になるのか気になるところです。・・・これが2000形など在来車だったら一定速度まで速度が落ちてきたら一瞬蛍光灯が消えるというギミックが・・・などとしょうもないことを考えてしまいますが・・・。
(N) 10-864 東京メトロ銀座線01系 6両セット

■真っ赤な路面電車。万葉線の「アイトラム」

富山はどうして電気鉄道が多いのか・・・それは、立山連峰からの豊かな水で電気を発生させているからだ・・・といわれています。そういえば、ベアリングの世界では有名な会社も富山。アルミの製造工場も多く立地しています。アルミの精錬には大量の電気が必要なので、北陸地方にはうってつけであるとも言えます。
さて・・・。電気といえば、「電車」。そう、地方私鉄の雄である富山地方鉄道、そして黒部峡谷鉄道、また、加越能鉄道→万葉線、JR富山港線→富山ライトレールが富山には存在します。そのなかでも「万葉線」は少々変わった経歴を持っており、元々は富山地方鉄道の射水線、高岡市内線でした。しかし、富山新港の建設により、1966年に越ノ潟~新港東口間が分断。高岡側が加越能鉄道に譲渡されました。その後、経営不振によりバス転換が検討されていたところへ、2002年、第三セクター万葉線が発足したというわけです。
発足に際して、運賃の値下げや増発を断行。ソフト面の充実に加えて切り札といえる低床電車「アイトラム」が登場しました。真っ赤な車体はよく目立ち、青い空にもよく映えます。また、雪の中でもよく目立ちます。現在、6編成が在籍し、休日ダイヤの全列車、平日ダイヤでも大半がアイトラムです。
折しも富山新港には港を横断する橋が建設中です。平成20年代には完成させたい意向とのことですが・・・。新港の橋に路面電車の線路も組み込まれ、射水線が残っていたら・・・。新富山で富山市内線と接続して、富山の中心である西町まで一直線。高岡と富山を結ぶインターアーバンとしての夢も・・・と考えてしまいます。実物では、「アイトラム」「セントラム」「富山ライトレール」の顔合わせは無理ですが、模型の世界では「高岡~急行~新富山・・・各駅停車・・・西町」などという列車を設定して夢の並びを楽しんで下さい。単色塗りながらカラフルな光景が楽しめそうです。
(N) 14-803 万葉線 MLRV1000形 アイトラム

■ユニトラムをさらに楽しく。拡張線路各種

街作りを楽しむ「ユニトラム」。建物を並べて視線を線路の上に落とすと・・・。電車をゴロゴロと走らせたくなります。富山ライトレール、富山地鉄市内線のセントラム・・・もちろん、鉄コレの熊本市電でも、京都市電でも、伊予鉄でも・・・。そういえば、モデモの江ノ電や嵐電、GMの京阪大津線キットも楽しいものです。
・・・さて・・・路面電車は道の上(併用軌道)しか走らない・・・いえいえ、そんなことはありません。いや、併用軌道しかない路面電車の方が珍しいくらいです。専用軌道がある路面電車の方が多いくらいで、東京都電荒川線はもとより、関西の京阪大津線、京福嵐山線、阪堺電軌などは専用軌道の比率が高く、市内電車というよりも郊外電車とかインターアーバン的な香りがします。また、平面交差もはりまや橋(土電)、紙屋町(広電)などあちこちに存在します。というわけで、ユニトラムの拡張線路が三タイプ発売されます。既存のセットと組み合わせてお楽しみ下さい。
(N) 40-801 V51 ユニトラム 路面軌道拡張セット
8の字を行うためのクロッシングを中心としたレールセットです。
(N) 40-802 V52 ユニトラム 直線拡張セット
直線の延長セットです。
(N) 40-803 V53 ユニトラム 鉄道乗り入れ拡張セット
専用軌道との接続セットです。複線間隔が25mm(路面側)~33mm(専用軌道側)に変化します。

東京メトロ01系の小形動力&地下鉄シリーズ、ユニトラムの充実・・・となると・・・路面から地下鉄まで自由自在の電車が京都~滋賀に走っています。そう、あの水色の電車・・・。製品化を期待したいところですが・・・。運賃が安ければ、欧米に決して負けないすばらしいLRTなのですがねぇ・・・。ここは京都市交が1日4,000万円の赤字を出しているので、いっそ、京阪に譲渡して運賃の値下げを・・・で乗客も増える・・・という妄想を抱いてしまいますが・・・。

最後に・・・。

■風光明媚な大糸線。主力のE127系

大糸線というと、南小谷を境に大きく雰囲気が変わります。
北側は非電化で、急勾配が連続。キハ52が長年活躍してきました。
今回は南側で活躍するE127系が登場です。
昨年登場したものはクハにもパンタグラフが付いていましたが、今回はクハにはパンタがない編成です。バリエーションにどうぞ。
(N) 10-593 E127系100番台 大糸線 1パンタ編成 2両セット

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

新製品・再生産品情報

キハ187系500番台

ご利用ありがとうございます。トミックスから2011年8月~11月の新製品・再生産品が発表になっています。まずは、「スーパーいなば」で活躍するキハ187系500番台、東海道・山陽新幹線の主力にのし上がったN700系0番台(JR東海編成)のご予約受付をご案内いたします。

■「スーパーいなば」で活躍。キハ187系500番台

少し前に、鳥取と岡山を結ぶ急行「砂丘」のお話をしました。急行「砂丘」のキハ58系は老朽化が著しいことやスピードアップが難しかったことから1997年に智頭急行線経由の特急「いなば」に格上げされました。このときにはキハ181系を使用していましたが、さすがに老朽化や陳腐化も問題となり、2003年には「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」で好評の振り子式気動車キハ187系を投入して「スーパーいなば」と改称。さらなるスピードアップとグレードアップを図ることとなりました。
今回の車両は智頭急行線を経由することからATS-Pを取り付ける必要があり、上郡側の先頭車の窓配置を変更。乗務員室の後ろ側に機器室、その後に客用ドアが取り付けられ、側面の表情が変わりました。また、最高速度は130km/hに向上したため、ブレーキの強化が行われています。
ATS-Pを取り付けた関係などで500番台へジャンプ。0/10番台とは運用が別れており、もっぱら「スーパーいなば」に使用されています。岡山では、振り子式気動車の元祖・JR四国の2000系と顔を合わせることもあります。

下記のページでご予約受付中です。
(N) 92170 キハ187系500番台 特急形気動車 2両セット

なお、同時に「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」で活躍中のキハ187系10番台も再生産されます。
(N) 92142 キハ187系10番台 特急形気動車 2両セット
(N) 2454 キハ187形10番台 増結用単品

続いて・・・。

■東海道・山陽新幹線の主力。N700系新幹線電車。

2007年に営業を開始したN700系も、JR東海所有車だけでついに1,000両を突破し、東海道・山陽新幹線の主力として君臨しています。「のぞみ」の90%がN700系になっているのですから、怒濤の増備を行ってきたということが言えると思います。
トミックスでは、JR東海所属の「0番台」を発売します。
今回は4両基本+4両増結A+8両増結Bセットとなり、お部屋やおさいふの事情で長さを選べるようになっています。車輪が汚れない、少々のことでは止まらないと大好評の通電カプラーももちろん採用。走行安定性に優れたN700系をどうぞ。

(N) 92431 JR東海 N700系0番台 4両基本セット
(N) 92432 JR東海 N700系0番台 4両増結セットA
(N) 92433 JR東海 N700系0番台 8両増結セットB

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

新製品・再生産品情報

ご利用ありがとうございます。

金属製キットやパーツを中心に製造しているボナファイデプロダクトの新製品・再生産品のご案内をいたします。

まずは新製品です。

■中央東線の郵便・荷物電車。クモニ83800・クモユニ82800

中央東線も高尾をすぎると急に山の中に入り、カーブも増えてきて今までの平野の中を一直線という雰囲気から一変します。電車も高尾で115系に乗換ということが多く、全く別路線の様相を呈しています。
さて、その中央東線の普通電車のアクセントといえば、郵便・荷物電車の存在でした。
1966年に中央東線の普通列車が電車化された際に、115系が投入されました。それといっしょに郵便・荷物電車が必要となりました。これに伴って登場したのがクモニ83800・クモユニ82800です。東海道本線や東北本線・高崎線で使用されているクモユニ74やクモニ83と同様、モハ73系の台枠・機器を流用して車体を新製したのですが、中央東線のトンネルの断面が小さいために、低屋根となっているのが特徴です。
クモニ83は国鉄の各工場で改造されましたが、工場や時期によって細かい部分が異なります。大井工場で最初に登場したクモニ83800~805は側窓の隅にRが付き、雨樋の位置が115系にあわせて高く、張り上げ屋根になっているのがポイントです。また、パンタは2台です。
続いて鷹取、盛岡工場で登場したのが806~813。今度は、雨樋の位置が下がり、普通屋根となっています。そして、最後の814~820は側窓のRがなくなり、1パンタとなりました。次に述べるクモユニ82800とともに、中央東線の普通電車や急行電車の新宿側に連結されていました。今回は、2パンタ、普通屋根、側窓R付きのクモニ83806~813が模型化されます。金属製キットで、側面は真鍮、前面はホワイトメタル、屋根は折り曲げ済です。ガラスははめ込み式、床下機器も付属。そして台車はトミー製に対応し、床板はTNカプラー対応。パンタ、台車、各種ライトパーツ、インレタは別売です。

また、クモニ83の相方的存在のクモユニ82800は、郵便荷物車ですが、郵便車としての性格が濃く、クモユニ74と違って郵便室には区分棚が取り付けられており、荷物室は「気持ちだけ」という車両です。もっとも、クモユニ82はクモニ83とペアで使用することを前提としていたためでしたが・・・。こちらも1966年から800番台が3両が改造されています。
キットの構造はクモニ83800と同様です。

アルファモデルの115系800番台キットとセットで中央東線をお楽しみ頂くのもいいと思います。また、809・810は広島→下関で、813は大垣にいましたので、湘南色に塗って113系や115系と併結させるのも楽しいでしょう。また、年末・年始には上越線へ応援に出ていた記録もあります。

編成例(中央東線)
クモニ83+クモユニ82+クモハ115-モハ114-クハ115→+サハ115+サハ115+←クモハ115+モハ114-クハ115
サハ115が3両編成の中間に入っていました。そういえば、一度中央東線の夜行列車(442M)に乗ったことがあります。新宿に朝4:30頃に到着するわけでして・・・。大垣夜行もいいけれど、中央夜行も乗ってみたいと思ったことがありまして。そのときは確か300番台だったと思います。新宿で101系800番台を見て、鶴見線に行って・・・。という妙な旅でした。
(鶴見線でクモハ12、東急目蒲線・池上線で3450形や5000系、田園都市線に行けば営団8000系のボルスタレス台車が物珍しく。で、GM田端店に行って店長さんと話をして・・・。でした。そういえば、両運の3499のホロ付きを見て興奮しまくっていました。)

下記のページでご予約受付中です。
(N) K-2222 クモニ83800(806~813)キット
(N) K-2223 クモユニ83800キット

続いてパーツです。

■AU712のランボード・取り付け台です。

クーラーは別途ご用意下さい。
(N) P-136 113系・115系インバータークーラー用ランボードセット
(N) P-137 AU712クーラー台座
※P-136のクーラー台座だけの製品です。103系ランボードセットに対応しています。

■旧型電車の妻面をディテールアップ。

(N) P-138 旧型国電用屋上ステップ

■私鉄用ディテールアップパーツです。

(N) P-215 私鉄用急行表示灯
(N) G-101 ステッカー付きガラス【私鉄用1】
※窓ガラス用塩ビ板ですが、京王のドアステッカーや優先席表示が印刷されています。

続いて再生産品です。

■JR東日本の前面強化車を表現して下さい。

(N) P-005 前面強化車用パーツセット
113系・115系・167系用です。

■護送用郵便車です。スユ15形

(N) K-4008 スユ15 2019~2039 キット
郵便車には、車内で仕分けをする「区分便」、仕分けをせず、郵便職員が乗っていて、郵袋を取扱駅で積み卸しをする「護送便」、郵便職員も乗らず、仕分けも積み卸しもしない「締切便」が存在します。
スユ15は「護送便」用の郵便車です。
(N) K-4008 スユ15 2019~2039 キット
1981~82年に登場した最終グループです。わずか5~6年で廃車になっています。
EF58や62牽引の荷物列車につなげると楽しいでしょう。

■知る人ぞ知る、マニ30・現金輸送車

(N) K-4025 マニ30 2001~2006 キット
1948年にマニ34として登場したタイプです。
現役時代には「内緒」の形式でした。「銀河」にぽつんと連結されていたり、荷物列車にこっそりと・・・という楽しみ方ができます。

■パレット用荷物車・マニ37

(N) K-4031 マニ37 (スロフ53改) キット
パレット輸送をするマニ37です。43系客車のスロフ53改造の60番台です。側窓の窓柱が60番台の方が狭くなっているのがパッと見てわかる違いです。ちなみに、カトーのマニ37は2020(20)で、元スロ60改造です。なので、並べてみると違いがわかる人にはわかる・・・という存在です。余談ついでに・・・。64は1975年に14系併結改造を受けて205に改番されています。「雲仙・西海」「阿蘇・くにさき」に連結されていました。

最後に好評発売中の商品です。

■GMキットを鉄コレ動力化。動力ツメセット

(N) P-013 鉄コレ動力取り付け用ツメセット
フライホイールが付いてなかなかの走行性能を誇る鉄コレ動力。ところが、鉄コレ動力は幅が狭いために固定が難しかったりします。この商品は鉄コレ動力を簡単に取り付けられるツメセットです。1袋で1両分に対応しています。

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

新製品・再生産品情報,既存商品案内

ご利用ありがとうございます。
本日は、トミーテックのバスコレ、建コレ、鉄道むすめ、方向幕のご予約受付についてご案内いたします。数が多いので、ほとんどリンクだけですが、ご容赦下さい。

■Nゲージサイズのバスのコレクション。バスコレクション第17弾。

Nゲージサイズのバスを集めた「バスコレ」。第17弾はいすゞガーラと日野ブルーリボンのスケルトン観光車RU638AAのセットです。
1ボックス=12ヶセットで販売します。中身の指定はできません。

(N) ザ・バスコレクション 第17弾 12ヶセット
・・・いすゞガーラは車高、運転台の高低により3タイプラインナップされています。

(N) ザ・バスコレクション 第17弾専用ケース
・・・バスを収納するケースもお忘れなく。

■機関区には欠かせない「給水塔・給炭台」

蒸気機関車には石炭と水が必要です。機関区では、機関車の整備の他、燃料となる石炭や水の補給を行うため、24時間活動しており、眠ることがありませんでした。機関区のセクションを見ても給水塔や給炭台は必要なのですが、意外に見かけることがありませんでした。今回は、塗装済組立キットで登場です。機関区のアクセントにご利用下さい。
形状が少し異なるものが2種類ラインナップされています。お好きなものをお選び下さい。

情景小物081 給水塔・給炭台A
給水塔がレンガ脚で給炭台が階段のタイプです。

情景小物082 給水塔・給炭台B
給水塔がコンクリート脚で給炭台がスロープのタイプです。

■駅前のにぎわいを再現して下さい。建物コレクションです。

レイアウトには駅が、駅のまわりにはにぎわう街が欠かせません・・・。
というわけで、建物コレクション~駅前歓楽街~が登場です。
以前発売されていた「街並みコレクション第7弾」の色替えです。駅前のにぎわいを再現して下さい。
建物コレクション 083 中華屋・劇場
建物コレクション 084 喫茶店・カフェ
建物コレクション 085 雑居ビル・バー
建物コレクション 086 小料理店・パチンコ屋
建物コレクション 087 喫茶店・角ビル
建物コレクション 088 雑居ビル・ラウンジ

■あ、車内で見たことがある!? 鉄道むすめのステッカーです。

鉄道で働く女性をフィギュアにした「鉄道むすめ」。フィギュアのみならず、ドラマ、小説から電車内のステッカーや駅のポスターにも登場しています。
マナーPRのステッカーや「ドアにご注意」まで、あちこちで見かけます。
今回は実際に使用されているステッカーのコレクションが登場します。
全部で12種類+1種類。1ボックス=12ヶセットで販売します。
なお、ブラインドパッケージです。中身の指定はできません。
鉄道むすめ トレインステッカー Vol.1

最後に・・・。

■癒しのアイテム。電動側面方向幕。

最近は行先表示がLEDのものが増えてきましたが、まだまだクルクルと回る方向幕もよく見かけます。終点でクルクルと回るのを眺めていると、滅多に見られないものも出てきて、つい立ち止まってしまいます。で、一度はクルクルと回してみたいというのも人情です。
今回は、113系東海道線(静シス)、211系東北・高崎線湘南新宿ライン(高シマ)が登場です。113系静シス車は「アクティー」や「急行」も含まれています。
※東京乗り入れがあったT編成で、C編成やL編成は「アクティー」幕がないものもありました。また、211系は東北本線(宇都宮線)が緑幕、湘南新宿ラインも入っているものです。
なお、指令器もお忘れなく。
DHM-07 電動側面方向幕 113系東海道線
DHM-08 電動側面方向幕 211系東北・高崎線 湘南新宿ライン

指令器は下記のページです。
SR-01 指令器

このほか、下記の商品も好評発売中です。
DHM-03 電動側面方向幕 103系京浜東北線
1988年以降運転されている「快速」も収録されています。

DHM-04 電動側面方向幕 103系総武線
首都圏70コマを収録しています。転属の時に方向幕の交換を不要にするため、首都圏の103系の方向幕は共通(*)のものとされていた時代がありました。総武線の行先の他、運転することがまずないところまで収録されており、クルクルと回っているときにいちばん楽しめる代物ではないかと思います。

(*)首都圏に限らず、大阪鉄道管理局内では、高槻電車区、明石電車区、森ノ宮電車区、淀川電車区、宮原電車区が共通、天王寺鉄道管理局内では、日根野電車区、奈良電車区が共通でした。このため、たとえばブルー(東海道・山陽本線の普通電車)の201系が「長尾」(片町線)とか「大阪環状線」とかいうまず運転されることがない行先が出てくることがありました。

DHM-06 電動側面方向幕 485系特急電車
東北地区のものを収録しています。

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

新製品・再生産品情報,既存商品案内

ご利用ありがとうございます。

梅雨もまっただ中の6月に塗装の話をするのも・・・というご意見もあろうかと思いますが、鉄道模型の塗装には欠かせないGMカラーのスプレーのお取り扱いを始めました。
キットを買ったとか、塗り替え用のタネ車を買ってきたのだが、肝心の塗料がない・・・という時にお役立て頂ければと思います。

スプレーは下記のページです。
塗料>GMスプレー

ビン入りの塗料も好評発売中です。
エアブラシでの塗装からタッチアップまでご利用下さい。
塗料>GMビン入り塗料

なお、薄め液・リターダーもございます。
塗料>クレオス 薄め液・リターダー

このほかNゲージ完成品の入荷品です。

■日本最長 1,574.2kmの旅。寝台特急「富士」

もう、ブルートレイン・・・というのは郷愁の乗り物なのでしょう。
飛行機は意外に安くて速い。新幹線も青森から鹿児島までつながった。高速道路も整備されていると来れば、積極的に寝台列車を使う必要がないかもしれません。
・・・などど少々自虐的なことを書きましたが、今から約30年前、ブルートレインブームが小学生・中学生の間で起こりました。SLブームのあと、スーパーカー(京阪の2000系ではなく、スポーツカーのこと)のブームが来て、それからブルートレインのブームが来ました。
ちょうど、1978年には東京~九州間のブルートレイン牽引機がEF65 500(P)からEF65 1000(PF)に変わり、客車も最新の24系25形「ニューブルートレイン」。で、東京発九州方面のブルートレインにはヘッドマークが付いていて、あこがれのA個室 オロネ25が連結されている・・・とくれば人気は非常に高いものでした。
特に、小学生や中学生向けの雑誌には「ブルートレイン特集」が組まれ、オロネ25の個室車内や食堂車のオシ24の車内などいつかは乗ってみたくなるような写真が散りばめられ、人気は急上昇していました。
・・・どうもこのブルートレインには興味がなく、もっぱら、消えゆく京都市電とか、京阪の釣り掛け車とか追っかけていたひねくれ者でしたが・・・。なぜ、興味がわかなかったのか・・・それは、恐らく、オロネ25とオシ24を編成から抜いたら、全部B寝台車になってしまって何のおもしろみがないと感じていたからかもしれません。現に「日本海」がそうでしたから。

閑話休題。
東京発のブルートレインはそれぞれに個性があり、「さくら」:肥前山口で分割併合、「あさかぜ」:ブルートレインの代表的存在、「はやぶさ」:西鹿児島まで直通、「みずほ」:補完的列車、「出雲」:「紀伊」と併結、そして上りは京都→東京へは時間帯が良好。そして・・・「富士」・・・日本最長1,574.2km。運転時間は約24時間30分。東京を18時に出て、山陽路で朝が来て、大分のあたりでお昼になって・・・。翌日の19時前にようやく西鹿児島に到着するという今では信じられない速度でした。

カトー製が入荷しています。
(N) 10-855 24系25形 「富士」 7両基本セット
(N) 10-856 24系25形 「富士」 7両増結セット
フル編成がしんどい・・・という方は、基本セットだけでも十分お楽しみいただけます。大分~西鹿児島間は基本編成だけの7両でした。DF50、のちにはED76に牽引させて下さい。

同時にPFも入荷しています。
(N) 3061-1 EF65 1000 後期形

また、下記の機関車もございます。
(N) 3067-1 EF81 300
下関~門司の関門トンネルで使用されていました。もちろん、コンテナ列車や他のブルートレインも牽引しています。

(N) 7009 DF50
大分~西鹿児島間を担当しています。

こうなると、門司~大分間のED76が・・・ということになろうかと思うのですが・・・。
製品化を期待したいところです。

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。