工作・加工,既存商品案内

EF62集合

ご利用ありがとうございます。遊んでるのか仕事をしているのかわからないというご批判はあろうかと思いますが・・・。
今日は、カトーのEF62を気持ちだけですが、ドレスアップしてみたいと思います。

おことわり
あくまでも一つの案です。他にもよい案があろうかと思います。
素人故にへたくそですが、ご容赦下さい。
失敗しても当店並びにメーカー様、JR東日本様は責任を負いません。

EF62

ごらんの通り、よくできた商品ではないかと思いますが・・・。

先日、このようなご意見がありました。
「EF62の明かり窓、どうにかならないのか」

明かり窓

なるほど・・・。本来は窓があるところなのに、車体色であるのが気になって仕方がないということです。まあ、EF62の製品化発表に対する期待の表れだったのでしょう。
信越本線の「妙高」もいいけど、東海道・山陽本線の荷物列車の方がなじみがある・・・という雰囲気でした。バリバリと荷物列車にジョイフルトレイン、もちろん「妙高」も引っ張らせてみたいということでしょう。

恐らく模型にすると窓が小さすぎるのでガラスパーツを入れられないか何かの技術的な理由でこのようになったのではないかと思います。設計者もかなりどうしようかと最後まで悩んだのではないかと思います。最初から塗装で・・・ということはなかったと思いますが・・・。

というわけで、まずは分解してみましょう。

分解

乗務員室あたりの裾をこじると、車体と動力が分離できます。力任せにしなくても大丈夫です。このあたりはちょっとコツがいるかもしれません。

分解後

ごらんのように車体と動力が分離できました。

屋根裏

今回は、明かり窓の他、屋上も少々いじろうかと思いますので、モニターなども外します。
また、明かり窓だけでよいという方も、塗料が不要なところに付いてしまわないように外した方がいいかもしれません。
屋根裏をよく見ると屋上機器を止めるツメが見えています。これを押して外して下さい。

屋上機器外し

こんな感じで屋上機器が外れました。
モニターはわかるのですが、白い部分は何かというと、屋根部分です。これは、実車の屋根は軽量化のためにFRP製となっており、塗装の手間を省くために別パーツでの設計としたのではないかと思います。実車はもう少しクリーム色が強いという個人的なイメージがありますが、見栄えや新製時のカラーを重視してこの色にしたのではないかと考えられます。あるいは、私の勘違いという可能性もありますが(実はこれがいちばん可能性が高いかもしれません)・・・。

エナメルで色入れ

まず、明かり取り窓をエナメル塗料の「つやあり黒」で塗ります。
作例では、タミヤのX-1を使いました。
つやありにするのは、「ガラスを表現」するためです。

黒を塗ったあと

つやあり黒を塗ったあとです。

24-338 リアリスティックウォーター

で、今回はガラスの輝きを表現するために「リアリスティックウォーター」を使います。
本来は水面の反射を再現するためのレイアウト用品ですが、表面が透明に輝く・・・ちょうど透明のガラスにいいのではないかというわけです。

塗ったあと

で、リアリスティックウォーターを面相筆で塗ります。少し盛り上げるような感じがいいでしょう。Hゴムのフチが岸で、黒い部分が池のイメージです。
※完成後の写真で申し訳ございません。

屋上塗装

屋上機器の塗装を行いました。
さて・・・。EF62の屋根の構造についてですが・・・。
屋根はFRP製ですが、直接パンタグラフを乗せると重量に耐えられず、屋根が落ちてしまいます。というわけで、車体からパンタ台が伸びているという格好です。パンタの下に盛り上がった線が見えますが、ここはパンタ台というわけです。なので、この部分を車体色に塗ります。今回はGMカラーの青15号を使用しました。少しカトーの青15号よりも白っぽく濁って見えますが、まあ、小さな部分ですから問題はないと思います。
細い線は烏口で引くのが便利です。元々は製図用品ですが、この方法を覚えておくと、細くて均一の線が引けるので、Hゴムの色入れなどもラクラクです。

パンタも塗装

パンタも塗ってしまいましょう。本体は「ミッチャクロン」というプライマーを塗ったあと、GMカラー(39)アルミシルバーを吹き付けました。乾燥したら、半つやのクリアで表面を保護して下さい。
スリ板ですが、エナメルの「クリアオレンジ」(作例ではタミヤのX-26)を使用しました。
ついでに、関節部分に赤色を入れておきます。こちらもエナメル系の「フラットレッド」(作例ではタミヤのXF-7)を使っています。
ちゃんと「胴色」という塗料があるのですが、メタリックの色の乗りというのか均一度が今ひとつです。そこで、今回は、銀色を下地にしてクリアオレンジを乗せてみたわけです。

パーツはめ込み

パンタや屋上機器をはめ込みましょう。こんな感じに仕上がります。
避雷器もねずみ色1号に塗っておくと、プラの質感が消えます。

EF62 23完成

最後にナンバープレートを貼り付けてできあがりです。ついでにカプラーをナックルにすると・・・。なかなかの仕上がりになります。
今回は、下関に転属した23号機にしてみました。これなら、東海道・山陽本線でも、信越本線でも楽しめます。

モニター黒色

そういえば、モニターの色が黒でないとおかしい・・・という意見もありましたので、もう1両加工してみました。大宮工場風の仕上がりです。分解したときに、モニターをつや消し黒で塗っただけです。
こちらは、20号機にしました。こちらも下関に転属した機関車ですので、東海道・山陽本線でも信越本線でも楽しめます。

※検査履歴まではチェックできません(する時間がなかったというのかさぼっていたのが実態です。言い訳ですが)でしたので、20号機・23号機のモニターが黒か青かの確証は得ていません。あくまでもイメージということでご容赦下さい。ただ、転属=検査というわけでもないので、どちらもあったのかなと思います。転属後に幡生工場で検査を受けた時に、青色に戻った可能性もありますので。
(このあたりは自信がありません。もっと調べろという声が後から聞こえてきそうですが、ご容赦下さい。あくまでも、模型の技法ということで作り分けした次第です。)

EF62勢揃い

というわけで、最後に記念撮影です。
写真を撮りながら作業して約2時間程度。半日でできるドレスアップでした。

参考までに・・・。
EF62のナンバーですが、7,11,20,23が含まれています。
7・・・終始信越本線で活躍していました。
11・・・こちらも東海道・山陽本線へは転出しませんでした。ちなみに1978年にお召し列車を牽引したことがあります。興味のある方はお召し仕様にしてみて下さい。
20・23・・・1984年に下関に転出しました。

ちなみに・・・荷物列車ですが、EF62が電気暖房だったため、蒸気暖房のみの荷物車はEF62が東海道・山陽本線スジにやってきた頃に廃車になっているものが多く見られます。ですので、2000番台(電気暖房車)を中心に組成する方が理にかなっているのかもしれません。何かの足しにして下さい。

というわけで・・・。下記のページで販売中です。
(N) 3058-1 EF62 前期形
24-338 リアリスティックウォーター

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。

新製品・再生産品情報

ご利用ありがとうございます。
カトーの2011年9月再生産予定品のご予約受付についてご案内をいたします。
数が多いですので、ほとんどリンクだけですがご容赦下さい。

■飛騨の美しい景色をお楽しみ下さい。ワイドビューひだ

長らくキハ82系が活躍してきた特急「ひだ」。民営化直後の1988年にキハ85系が登場。ステンレス製の車体に大きな窓。非貫通型の先頭車は前面展望が非常によく、運転台直後の座席をねらいたくなってしまいます。
(N) 10-401 キハ85系 ワイドビューひだ 5両基本セット

※3両増結セットは在庫がございます。
(N) 10-402 キハ85系 ワイドビューひだ 3両増結セット

■静岡地区で活躍する313系2300番台

長らく113系が活躍してきた静岡地区。2006年から313系が投入され、一気に置き換えました。2300番台は2両編成で1パンタです。前パンタの増設準備もなされており、パンタ本体と避雷器を乗せれば2パン化ができるようになっています。
模型でも、パンタと避雷器を用意すれば、2パンタの2350番台のできあがりです。
腕のある方はお試し下さい。
(N) 10-588 313系2300番台 2両セット

パンタです。
(N) 4371F モハネ285-201 パンタグラフ
285系のみならず、313系などシングルアームパンタの電車に使用できます。
グリーンマックスPT71Aの交換用としても・・・。上昇時の姿勢が桁違いによくなります。
※穴を1箇所開ける必要があります。失敗しても責任は負いません。

避雷器です。
(N) Z04-5418 モハ313-5300用 避雷器
近年の直流電車でよく見られるタイプです。このほかにもE127系などにも使用できます。

■荷物列車や急行列車に。EF58後期形大窓ブルー

栄光の急客機EF58というのは使い古された表現ですが、やはり、東海道・山陽本線を語るには欠かせない形式です。1950年代後半から東海道・山陽本線の旅客用電気機関車として主力の座に君臨。特急列車から普通列車まで幅広く活躍しました。また、1970年代に入ると荷物列車の運用が増えてきましたが、冬の夜空にSGの煙が立ち上る姿は絵になりました。
EF58は172両が製造されましたが、改造によってバラエティに富んでいます。
中でも、前面窓の改造により、人気度が上下しており、1970年代に水漏れ防止のため次から次へとHゴム化が施工されて印象が大きく変わりました。その中で、奇跡的に原形の大窓が残っているものがあり、ファインダー越しに大窓が見えてくると・・・よっしゃ・・・という気分になりました。東海道スジでは宮原の47号機や53号機が人気者でした。
・・・というわけで、「後期形大窓」といっていますが、製造時期ではなく、プロトタイプが比較的あとの時代であると解釈された方がよろしいかと思います・・・。EF62ともども、荷物列車を牽引させるなり、「きたぐに」「雲仙・西海」「阿蘇・くにさき」「銀河」「桜島・高千穂」(こちらは厳密には浜松の担当)あたりの急行列車、はたまた「あかつき」「彗星」などのブルートレインでも楽しめます。いろいろな客車を引っ張ってお楽しみ下さい。
(N) 3020-1 EF58形 後期形大窓ブルー

■国鉄時代最強の電気機関車 EF66

東海道・山陽本線を中心に高速貨物列車を牽引するEF66ですが、1968年に1次車が登場。その後、列車増発にあわせて1973年に2次車が登場しました。
2次車は、前面窓に架線からの油が飛び散って視界が悪くなるという乗務員からの意見を元に、ヒサシが付けられました。追って1次形にも取り付けられたものも存在します。ヒサシ一つで表情が変わるのがおもしろいところです。
1985年からはブルートレインの牽引を担当していました。貨物列車でもブルートレインでも・・・幅広くお楽しみ下さい。パンタグラフはひし形のPS17ですので、ブルートレインを牽引させるときは国鉄時代から民営化初期の姿となります。
(N) 3047 EF66 後期形

■空気バネを履いた貨車。コキ10000系

高速道路のトラックや航空便に対抗するため、1966年から最高速度100km/hの特急貨物列車が新設されました。コキ10000系はそれに対応するコンテナ車で、空気バネ台車と電磁自動ブレーキ搭載が目立つ点です。民営化後は最高速度110km/hのコキ100系が登場しましたが、それまでは国鉄の貨車の中で俊足を誇る存在でした。
お手ごろ価格の貨車です。どんどんつなげて長編成でお楽しみ下さい。
(N) 8002 コキ10000
(N) 8003 コキフ10000

■石炭、石灰から工業用の資材まで・・・。トキ15000形

戦後、復興が進むに連れ、石炭、石灰といった建築の世界には欠かせない材料から銅線などの工業用資材まで大量に運ぶ必要が出てきました。
そこで登場したのがトキ15000形です。積載量は35t(石炭は30t)。
長い貨物列車の中に組み込まれ、復興~高度経済成長を陰で支えました。
(N) 8001 トキ15000形
改造車も多く、ガラス輸送車、鉄工輸送車、アルミシートスラブ輸送車などが派生しています。また、改番こそなかったものの、側面をかさ上げしてチップ運搬車になったものも存在しています。このあたりならば、改造ネタとしても楽しめそうです。
また、意外なところでは、新幹線のレール運搬車に改造されたものもいました。

■クルマを運んだ貨車。ク5000形

クルマはどうやって工場からお店まで運んでくるのか・・・というと、二階建ての大きな運搬車をイメージしますが、JR化後しばらくまでは、工場から最寄りの貨物駅まで鉄道で運んでいました。1966年に登場したク5000形は今まで自動車メーカーや車種によってまちまちだった車運車を汎用化するために登場しました。従来の車運車はそれこそマイナーチェンジするたびに改造を繰り返していました。また、メーカー所有だったので、どうしても片道輸送となるため、効率が悪いという問題がありました。しかし、汎用化することにより、往復輸送・・・行きと帰りで乗せる車種が違う・・・ができるために、運用効率がアップしました。
その後、トラックが発達するにつれ、失業するものが増えてきたのは、皮肉な話ですが、これも1970年代前半のスト連発などが影響し、鉄道貨物が役に立たないと判断されたという一面もあります。
民営化の前後には大量の余剰車を使ってカートレインを運転しようという計画がありましたが、最高速度が85km/hなのと積み卸しをどうするのかという問題があり、立ち消えとなりました。もっとも、1967年から70年まで、新宿~二条間で「オートエクスプレス」という列車が運転されており、旅客は新幹線で、クルマは貨物列車で・・・という形態が取られていたこともあります。しかし、1969年に東名・名神高速道路が全線開業すると、長距離ドライブもさほど苦にならないということで、利用者が激減してしまい、廃止になりました。
ヨーロッパのように国としての政策でカートレインをやっているわけではありませんので、JRでカートレインが運転されるのはかなり難しいことではないかと思われます。運賃がかなり安いとか、スイスのトンネルのように鉄道トンネルしかないということでもない限り。
(N) 8018-2 ク5000 乗用車付
(N) 8018-3 ク5000 トリコロールカラー

国鉄時代ならば、EF15やEH10が、民営化後ならばEF65あたりが似合いそうです。
最高速度が85km/hだったので、足の遅い機関車に引っ張られても問題がありませんので・・・。余談ながら、現在、愛知環状鉄道の車両基地である北野桝塚。あれは大昔はトヨタの出荷用ターミナルでした。第三セクターになる際に、広大なターミナルに目を付けて、車両基地に改造したというわけです。岡多線→愛知環状鉄道はもともとは貨物のための路線であったということを知る人は少なくなっているようです。

最後に・・・。

■現代のタンク車。タキ1000形

1993年に登場し、石油輸送で活躍するタキ1000形です。震災の復興時にも大活躍しました。カラーやレタリングのバリエーションがあります。
(N) 8037-2 タキ1000形 日本石油輸送色
(N) 8037-4 タキ1000形 日本オイルターミナル色 矢羽マーク
(N) 8037-5 タキ1000形 日本オイルターミナル色 帯なし

それでは、ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。