新製品・再生産品情報

ご利用ありがとうございます。
本日は、トミックスのセールスミーティングのレポートをいたします。なお、新製品の数が膨大ですので、何度かに分けてレポートいたしますのでご了承下さい。
また、写真は試作品や旧製品です。

「トミックス」ブランドですが、「初心者の獲得」と「熟年層をターゲット」というテーマで商品を開発する予定とのことです。

225系5000番台

・・・試作品がありませんので、実車の写真ですが・・・。
JR西日本の近郊形電車225系です。こちらはまさに「初心者の獲得」というテーマに沿ったものではないかと思います。
本線の0番台、阪和線の5000番台が発売されます。
カトー製との違いは・・・。(カッコ)はカトー製
1.前面がTNカプラーであること。連結面はアーノルドで別途TNカプラー対応(0337)であること
(前面はカトーカプラー引き出し式。連結面はボディマウントのカトーカプラー)

2.行先は差し替え式であること。側面は別途シールをどこかから確保する必要があること。(新快速・姫路 が印刷済)

3.編成が4,6,8両選べること。8両の場合は3両基本+5両増結という組み合わせになります。(8両のみ)

4.プロトタイプの相違。8両編成は「I1」編成(クモハ225-1)であり、電装品は東芝・東洋の混成。クーラーは三菱製。(I4編成 クモハ225-4~ 電装品は東芝、クーラーも東芝)
※どこまで差違を表現するかはわかりませんが・・・。

となります。
下記のページでご予約受付中です。
本線向け8両編成です。
(N) 92420 225系0番台 3両基本セットA
(N) 92421 225系0番台 5両増結セット
※8両編成を3+5に分割したのは、ベーシックセットとのからみがある可能性も考えられますが・・・。

本線向け6両編成です。限定品です。
(N) 92982 225系0番台 6両セット

本線向け4両編成です。
(N) 92421 225系0番台 4両セット

阪和線向けです。関空・紀州路快速で活躍しています。
1+2列シートも再現する予定です。
(N) 92438 225系5000番台 4両基本セット

(N) 92439 225系5000番台 4両増結セット

なお、カトーの225系も好評ご予約受付中です。
(N) 10-871 225系0番台 8両セット

続いて・・・。
EF63

碓氷峠シリーズがスタートします。
まずは、EF63、115系、189系あさまです。

EF63です。
(N) 92167 EF63 1次形 2両セット
1両がM、もう1両がTです。

115系

さて、EF63だけでは碓氷峠を楽しむことはできません。普通列車用の115系も発売されます。動力装置がフライホイール付きに、ヘッドライトがLEDになるなどの改良が施されます。

ラインナップは
(N) 92407 115系1000番台 冷房準備車 3両セット
クモハ115-モハ114-クハ115です。
・・・恐らく、国鉄時代末期~民営化直後まで長野の115系は冷房準備車だったからだと考えられます。

同時に、東北本線・高崎線で15両で疾走した全盛期を再現するために冷房車のセットも発売されます。
(N) 92838 115系1000番台 7両基本セットA
クハ115-モハ115-モハ114-サハ115-モハ115-モハ114-クハ115です。
(N) 92839 115系1000番台 4両基本セットB
(N) 92840 115系1000番台 4両増結セット
クハ115-モハ115-モハ114-クハ115です。

さて・・・。115系で湘南色と言えば、やはり岡山地区でしょうか。長く「新見→岡山→播州赤穂→岡山→糸崎」などというユニークな横サボを使っていました。3両編成で楽しみたいと言っても、冷房準備車では・・・。という方に。

クモハ115屋根

上が115系の冷房準備車、下が冷房車です。
実車同様、冷房装置を取り付ける方法もあります。
1.冷房準備車のクーラーフタを取り外します。
2.そこへ トミックス PC-100 AU75B(鋼製キセ)、または PC-101 AU75G(ステンレスキセ)を差し込みます。
3.クーラーフタに付いていたベンチレーターを最前部の大型押し込みベンチレーターと交換します。
これだけで、できあがりです。
AU75形クーラーも発売中です。
(N) PC-100 AU75B
(N) PC-101 AU75G

やっぱりわからない方のために、当店でクーラーを取り付けた特製品もご予約受付をいたします。
【特製品】(N) 92407 115系1000番台 冷房車 3両セット

余談ながら・・・。東海道・山陽本線の快速電車で6M1Tの強力編成を再現したいとなると・・・。
7両基本セットAを用意して、冷房準備車3両セットを「冷房改造」して組み込むのがよさそうです。
クモハ115-モハ114(M)-モハ115-モハ114-モハ115-モハ114(M)-クハ115
ただ、この場合、模型でも編成2Mの強力編成となってしまいます・・・。

また、C-AU711 (PC-106)を用意すれば、飯田線の3両編成のできあがりです。
クモハ115-1039-モハ114-1053-クハ115-1040
というきれいな編成が1本存在していました(残りの7本はクハは運転台取り付け車か最後まで大目玉だった188になります)。

文字ばかりで申し訳ございません。
本題に戻ります。

ED79 50

続いて・・・。
津軽海峡線のED79です。JR貨物の50番台です。
JR貨物カラーになっているのが特徴です。

ED79 50前面

前面部のクローズアップです。わずかに窓が傾斜しているのがわかります。

下記のページでご予約受付中です。
(N) 9116 ED79 50
余談ながら、「トワイライトエクスプレス」を牽引したこともあります。カラフルなので模型映えするでしょう。

長くなりましたので、いったんここでその1は終了とします。その2は明日以降にご紹介します。