工作・加工

ご利用ありがとうございます。

JR東海の313系は同じように見えて結構バラエティがあります。
で、カトー、モデモから完成品が発売されていますが、細かい番台になってくると製品化されていません。

今回は、1700番台、1300番台の依頼がありましたので、加工例をご紹介します。

まずは1700番台です。

313系1700番台

ダブルパンタで人気の飯田線用の1700番台です。

ダブルパンタ化

5000番台を元に3連化しています。クモハは2パンタなので、クモハ313-2350の車体を使用し、パンタ準備部分にパンタを本設しています。
窓ガラスは元のクモハ313-5000のものを使用しています。

313系1700番台

編成内容です。
クモハ313-1700-モハ313-1700-クハ312-400です。
クモハ313-1700・・・クモハ313-5000を元に、2300番台の車体を使ってダブルパンタ化、ガラスは5000番台のものを使っています。
モハ313-1700・・・サハ313-5000を元に、モハ313-5000の動力ユニットをはめ込んでいます。
クハ312-400・・・クハ312-5000のナンバー貼り替え
3両共通の仕様として、ナンバー貼り替えとドアスイッチ転写があります。
まあ、実際のところ、スノープロウがないとか、発電ブレーキ用の抵抗器がないという違いはありますが、雰囲気は出ていようかと思います。

211系と併結

前面はTNカプラー化しましたので、211系5000番台(GM製)と併結しても楽しめます。
1700番台は飯田線用ですが、1500番台・1600番台が検査入りした際には中央西線、関西本線、愛知環状鉄道の運用に入ることがあります。

313系1300番台

関西本線、中央西線(中津川~松本)で使用されている313系1300番台です。
ワンマン車とワンマン準備車が存在しますが、今回はワンマン車を製作しました。
313系2300番台を元にダブルパンタ化、ガラスを5000番台のものと交換しました。
実車とは、スノープロウの有無、ドアスイッチの形状の違い、座席がロングシートのままということはありますが、狭窓が並ぶところで雰囲気を出しています。

313系1300番台

こんな感じです。

今回は、すでに売約済みのものですが、追加製作できないかと検討中です。
(タネ車が在庫切れのため、確保できないか考えています・・・。)