【Nゲージ】トミックス C61 20、キハ40系広島色などご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。
トミックスのC61 20、キハ40系広島色などのご予約受付についてご案内します。

■復活を遂げたハドソン。C61

トミックス C61

戦後、旅客輸送が逼迫する中、貨物輸送は減少。かといって資材不足の中、機関車を作るのも・・・というわけで、貨物機関車のボイラーを流用して旅客機関車を製造する手法が取られました。D51からはC61、D52からはC62。いずれも幹線で急行列車や特急列車を華々しく牽引しています。
C61は前述の通り、D51のボイラーを流用した旅客用機関車で、軸配置は2-C-2。東北本線・常磐線、鹿児島本線といった地方幹線で活躍しました。東北本線を代表する特急「はつかり」「はくつる」や鹿児島本線の「はやぶさ」の牽引が目立ちました。
静態保存されていた20号機が2011年に動態復活し、高崎地区を中心にイベント用として活躍中です。
製品は「復活仕様」です。
(N) 2006 C61 20

復活後は、高崎のイベント用客車を牽引することが多いので・・・同時に客車・機関車も再生産されます。
(N) 92829 旧型客車 高崎車両センター 7両セット
(N) 92843 12系 高崎車両センター 7両セット
(N) 9119 EF60 19 復活国鉄色

好評発売中です。
(N) 9136 EF65 501

■体質改善されたキハ40系

JR西日本では、103系、113系、115系といった国鉄からの継承車を新車並みにリニューアルする体質改善工事を施工。気動車ではキハ40系に対して、1999年から施工されました。
腐食、老朽化部分の交換、補修などはもちろん、腐食防止のために屋上のベンチレーターを撤去、窓枠を交換し、103系に似たものに。戸袋窓も埋込。半自動ドアの電気式化、そしてエンジンの交換を受けています。
地区によってカラーリングが異なるのがポイントで、今回は、広島地区のものが製品化されます。
上半分が黄色、下半分が白。境界線に濃灰、裾に淡灰のラインが入ったもので、実は4色使用しているというモデラー泣かせの塗り分けです。まあ、それ故か、塗装合理化のために朱色5号単色化が決定したわけで。

片運転台のキハ47形です。
(N) 92182 キハ47形 JR西日本更新車・広島色 2両セット
キハ47 0(M)とキハ47 1000の2両セットです。

両運転台のキハ40形です。
(N) 8451 キハ40形 JR西日本更新車・広島色 M
モーター付きです。
(N) 8452 キハ40形 JR西日本更新車・広島色 T
モーターなしです。

まあ、このタイプの車体ができれば、朱色5号、岡山色2種類、播但色、加古川色、姫新色、高岡色・・・といろいろ楽しめそうです。いわゆる限定品の格好のネタかもしれません。恐らく、そのあたりの算段も考えているのではないかと考えられますが・・・。

■あとおしで活躍。EF210 300

広島ネタが続きますが・・・。瀬野→八本松間は最急勾配22.6パーミル。西の箱根とも呼ばれ、古くから難所でした。貨物列車は現在も補機のお世話になっています。現在は、EF67が活躍していますが、タネ車はEF60と65。老朽化も進んでいますので、EF210に交代することとなりました。
補機で使用するために連結器の緩衝器は油圧式のシリコンタイプを使用。識別のために側面に黄色の帯が入っています。製品では、テールライトも点灯。そして、本務機と協調しやすくするために動輪のゴムタイヤは省略されています。
(N) 9143 EF210形300番台

あとは、16番(1/80 16.5mm)です。

■意外に活躍は短かった153系「ブルーライナー」

今は223系や225系が大活躍するJR西日本の新快速。敦賀から播州赤穂まで広くカバーしています。
新快速の歴史をさかのぼると・・・1970年の113系スカ色になりますが、実際は1972年の15分ヘッド化・153系化ではないでしょうか。新幹線の開業で余剰となった153系を転用。ライトグレーにブルーの帯を締め「ブルーライナー」と命名。大阪駅、京都駅には0-15-30-45という大看板が掲げられ、私鉄に猛烈に対抗意識をアピール。当時は珍しかった冷房車で私鉄相手に戦いを始めました。その後、1979年には大鉄局の希望がかない、117系「シティライナー」が誕生。ひっそりと新快速の舞台から去っていきました。新快速での活躍期間はわずか7年。しかし、JR西日本の大ヒット商品である新快速の歴史を語るには欠くことができない存在です。
低運転台・高運転台が発売されます。

基本セットです。4両編成です。

トミックス 153系 新快速
‘(16番) HO-080 153系 新快速 低運転台 基本4両セット
先頭車は低運転台です。

トミックス 153系 新快速

(16番) HO-081 153系 新快速 高運転台 基本4両セット

増結セットです。2両セットです。モーター付きとモーターなしがあります。
6両編成の場合、1モーターで十分であるとのことです。

(16番) HO-082 153系 新快速 増結2両セット(M)
モーター付きです。

(16番) HO-083 153系 新快速 増結2両セット(T)

それでは・・・。

【Nゲージ】マイクロエース EF52、EF18、クモハ54仙石線、クモハ60阪和線ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。
マイクロエースのEF52、EF18、クモハ54仙石線、クモハ60阪和線のご予約受付中です。

■F級初の国産電気機関車。EF52

(N) A1003 EF52 3

■ゴハチになり損ねた機関車。EF18

(N) A2602 EF18 33
東芝で見込み生産されたEF58ですが、結局貨物用に歯車比を変更されてEF18となり出荷されました。
EF58の旧車体なきあと、その面影が残る存在でしたが、1979年に廃車されています。
エアフィルタがビニロック化された33号機がプロトタイプです。

■快速用として活躍。仙石線のクモハ54

(N) A2353 クモハ54 仙石線・ウグイス 4両セット
快速用として転入した編成です。沿線の松島には観光客が訪れるということで、セミクロスシート車です。
まあ、歴史は繰り返すというのか、何というのか。その後ロングシート車に統一。103系が投入される際に、オリジナルのセミクロスシート車を投入するべく本社で設計していたものの、ラッシュ時の混雑がひどいために、103系を希望するという仙鉄局の希望があり、結局お流れとなりました。
ところが・・・。205系には2Wayシート車があり・・・。当初はロング・クロスを使い分けていたものの、今は山側(石巻向いて左側)はロング、海側はクロスという妙は配列で固定されてます・・・。うーん・・・。
快速の停車駅もコロコロと変わり、ノンストップの特別快速が生まれては消え、生まれては消え・・・。なかなか最適解を出すのが難しい路線ととらえられているようです。「汽車」の考えではなく、「電車」の考えが向いている路線ではないかと感じていますが・・・。どうしても「外様」「異端」な路線に見られているようでして。

■疾走する旧型電車。阪和線のクモハ60

(N) A2370 クモハ60 阪和線・オレンジ 6両セット
阪和電気鉄道→南海鉄道山手線引き継ぎの阪和線。社形置き換えのために省形が多数転入。高速運転を行うために3扉車は出力増強形のクモハ60が多く配属されました。うまくいわゆる「半流」をセットにしていますが・・・。
まあ、こんな整った編成は見たことがないというのか・・・。3扉・4扉入り交じって整列乗車など役に立たないのが阪和線であり・・・。
ついでにいうと、旧型電車が全盛の昭和40年代は快速の一部が6両:113系が中心、それ以外は4両でした。昭和50年前後にようやく6両化が本格化され、旧型は70系やら73系やら41系がごちゃ混ぜになって最後を飾りました。オレンジにスカ色に・・・というのが・・・冷や飯を食わされている阪和線という印象を強くしました。

最後は思い出話になってしまいましたが、割と身近だった車両が出てきたのでついつい話をしてしまいました。

それ以外の商品もご予約受け付け中です(再掲)。

■リニューアルした伊勢志摩ライナー。
(N) A6664 近鉄 23000系 伊勢志摩ライナー リニューアル赤編成 6両セット
・・・赤編成です。

(N) A6665 近鉄 23000系 伊勢志摩ライナー リニューアル黄編成 6両セット
・・・黄編成です。更新後は裾帯の色が変わっています。

■VVVFへのつなぎ。近鉄界磁チョッパ車。
(N) A8062 近鉄8810系 京都奈良線 現行 4両セット
・・・奈良線仕様です。単独で京都線の普通、インバータ車なり8000系を2両プラスして奈良線の急行・快速急行あたりが妥当なところでしょうか。

(N) A8065 近鉄9200系 大阪線 現行 4両セット
・・・大阪線仕様です。写真のように後ろに2410系なり、インバータ車を2両プラスするとよく見かける編成になります。

(N) A8069 近鉄9000系 名古屋線 ワンマン 現行 4両セット

■ほお紅電車。大阪市交60系。
(N) A8090 大阪市交通局60系 堺筋線 登場時5両セット
シンプルなデザインが特徴です。

(N) A8094 大阪市交通局60系 堺筋線 冷房改造更新車 8両セット
末期の姿です。貫通扉の差異まで再現される予定です。

■京王の人気者。8000系。
8両編成です。単独で使用して下さい。
(N) A8789 京王8000系 8両セット

10両編成です。6両+4両のセット構成になっています。模型の上では中間に入る先頭車は「クハ」となっていますので、6両単独で各停などに使うのもいいかと思います。
※2011年の節電ダイヤで見られました。
(N) A8788 京王8000系 シングルアームパンタ 基本6両セット
(N) A8789 京王8000系 シングルアームパンタ 増結4両セット

■井の頭線の3000系。
(N) A6567 京王3000系 リニューアル車 アイボリー シングルアームパンタ 5両セット
(N) A6577 京王電鉄 3000系 リニューアル車 バイオレット 5両セット

それでは。