新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

ボナファイデプロダクトの新製品・再生産品のご案内をいたします。
いずれも2013年4月29日締切です。お見逃しなく。

新製品です。
まずは、旧型電車から。キットです。

■両毛線で活躍したクモユニ82 50番台
(N) K-2248 国鉄 クモユニ82形50番代 郵便荷物電車 組立キット
クモユニ82というと、中央東線のイメージが強いですが、両毛線でも2両が活躍していました。0番台同様、荷物室が広く、郵便室は護送便専用です。
運用の関係で、方向が異なる115系など旅客用電車との併結がありましたので、両栓構造となっています。
また、湘南色に塗られていました。ちょっと異色の存在です。

■前代未聞。民営化後に誕生した最後の「旧性能電車」。クモハ84
(N) K-2249 JR西日本 クモハ84形 002・003 旧性能電車電車 組立キット

クモニ83も荷物輸送が1986年11月で終了したため、全車失業し、4両を除いて廃車されました。しかし、大鉄局にいた4両はJR西日本に継承され、1988年になんと3両が旅客車改造を受けて登場しました。形式はクモハ84。タネ車の荷物用ドアを生かした前後非対称の窓配置。クリーム色に青の濃淡の帯を巻いて宇野線で活躍しました。まあ、お金がないのは今も同じ。改造のセンスが何というのか・・・。模型向きの電車かもしれません。
なお、デカールも付属する予定です。

続いて、気動車です。
■電気式気動車のなれの果て。キハユニ15
(N) K-3036 キハユニ15 2 車体キット

1952年に登場した電気式気動車キハ44000形。湘南顔で、側面は一段上昇窓と80系湘南電車の影響が色濃く残っています。
しかし、軽量な液体式気動車が量産されることとなり、電気式気動車は試作車で終わってしまいました。
その後、キハ44000形も液体式改造を受け、郵便荷物合造車となりました。前面は湘南顔のままだったキハユニ15 2のキットです。

パーツです。
■荷物電車のディテールアップに。
(N) P-144 旧型国電用カバー付き抵抗器&MG
カバー付きの抵抗器とMGのセットです。

再生産品です。
まずは、郵便・荷物車からです。

■50系に似たスユ15
(N) K-4008 国鉄 スユ15形 郵便客車 2019~2039 組立キット
車内で仕分けをしない、護送便用の郵便車です。1981~82年に登場したスユ15 2019~2039がプロトタイプです。郵便輸送は1986年に廃止されましたので、ほんの4~5年しか使用されず、廃車となりました。

■TR47を履いたマニ36
(N) K-4034 国鉄 マニ36 212~216 (スハニ35改) 車体キット
スハニ35改造のマニ36です。いわゆるスハ43系の一員です。狭窓が並んでいるのが特徴で、台車はTR47です。
カトースハ43のコンバージョンキットです。

■スハ32改造のマニ37
(N) K-4035 国鉄 マニ37 2150~2155 (スハ32改) 車体キット
パレット用の荷物車マニ37です。スハ32改造車で、700mm幅の側窓が残っており、タネ車の面影が現れていました。
カトー オハフ33のコンバージョンキットです。

パーツです。
近郊形電車用です。
(N) P-005 前面強化車用パーツセット
・・・JR東日本の113系・115系・167系の前面強化用パーツです。
アンチクライマーなどがセットされています。

(N) P-136 113系・115系インバータークーラー用ランボードセット
(N) P-140 113系・115系用インバーター配管
(N) P-141 113系・115系用 AU712クーラー台座
(N) P-142 115系更新車用金押さえドア
JR東日本のAU712冷改車関連のパーツです。アルファモデルの113系、115系あたりでも活用できようかと思います。

機関車用です。
(N) P-301 EF81用点検蓋・前面ルーバー
(N) P-310 新型EL用銘板セット

本日は以上です。それでは。