新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。
トミーテック 鉄コレ 阪堺モ1001形「堺トラム」他のご予約を受付中です。

■久々の新車。阪堺モ1001形「堺トラム」

鉄コレ 阪堺モ1001形

大阪と堺を結ぶ阪堺電軌は車齢80年を超えるモ161形が現役であることでも知られています。
車両は1980年代後半から登場したモ701形・601形が主力。大阪市電の3001形に似たモ501形・351形も活躍しています。
他の事業者では1990年代後半から低床車が導入されてきましたが、ようやく2013年になって登場しました。
長年のおつきあいの東急車輌→総合車両製作所ではなく、アルナ車両のリトルダンサーUaタイプで、伝統色の緑色と白茶、シャンパンメタリックをまとっています。
現在は堺市内のあびこ道-浜寺駅前間のみの運用ですが、2014年には天王寺駅前方面へも運用が拡大される予定です。

鉄コレで登場です。
(N) 鉄道コレクション 阪堺電気軌道 1001形 「堺トラム」

動力・パンタを組み込んだオリジナル商品もご用意いたしました。
【動力・パンタ組込済】 (N) 鉄道コレクション 阪堺電気軌道 1001形 「堺トラム」

動力・パンタは下記の通りです。
(N) TM-LRT02 鉄コレ動力ユニット 3連接車A

(N) 0226 C-PS27形パンタグラフ (2個入)

■地鉄の低床車。「サントラム」

鉄コレ 地鉄T100形

富山ライトレールや環状線の開業など路面電車による街作りをすすめている富山市。
地鉄の市内線にも2010年、低床車が導入されています。
愛称は「サントラム」。アルナ車両の「リトルダンサー」Uaタイプで、阪堺1001形や長崎5000形、はたまた豊橋1001形「ほっトラム」などと兄弟車両です。

(N) 鉄道コレクション 富山地方鉄道 市内軌道線 T100形 「サントラム」 (第1編成)

動力、パンタを組み込んだ特製品もご用意いたします。
【動力・パンタ組込済】 (N) 鉄道コレクション 富山地方鉄道 市内軌道線 T100形 「サントラム」 (第1編成)

■119系が大変身。えちぜん鉄道MC7001形

かつては阪神からの譲渡車が大挙して活躍していたえちぜん鉄道。京福電鉄からの移管後は置き換えが進み、元愛知環状鉄道のMC6001・6101形に単行用は置き換えられました。続いて、なお残る2両編成の置き換えに着手。元JR東海の119系がえちぜん鉄道入りしました。その際、制御装置はなんとVVVFインバータ制御に。また車内はLED照明ということで、長く使おうという姿勢が見られます。MC7001形として、本年から営業入りしています。現在は2連×3本ですが、あと3本増備し、車両を京福福井としては最後の5001形、元愛環の6001・6101形、そして7001形に統一する模様です。

(N) 鉄道コレクション えちぜん鉄道 MC7000形 2両セット

動力・トレーラー化パーツ・パンタを組み込んだオリジナル商品です。
【動力・トレーラー化パーツ・パンタ組込済】 (N) 鉄道コレクション えちぜん鉄道 MC7000形 2両セット

動力・トレーラー化パーツ・パンタは下記のページです。
(N) TM-18 鉄コレ動力 20m級用D

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0235 パンタグラフ PS35D (2個入)

■元京王5000系あたらめ富士急行1000系。

京阪電車で実施中の「きかんしゃトーマススタンプラリー」では、富士急行の駅や遊園地にもラリーポイントがあり、参加者の悩みのタネ(?)となっています。まあ、京都から河口湖など山梨県は行きにくいのも事実でして…。
富士急行の主力である元京王5000系あらため1000系は復元塗装やらイベント用などカラフルな様相を呈しており、気がつけば、オリジナルの青に白い富士山の稜線を入れたオリジナルカラーは少なくなっています。
今回は、集中型クーラーを搭載する1000系では唯一のオリジナルカラーとなった1206編成が鉄コレで登場します。
ちなみに、以前鉄コレ第11弾でラインナップされていた1000系は同じオリジナルカラーですが、分散クーラー車であり、集中型のオリジナルカラーは初めてです。

(N) 鉄道コレクション 富士急行1000系 (1206編成オリジナルカラー)

こちらも、動力、トレーラー化パーツセット、パンタを組み込んだオリジナル商品をご用意いたします。
商品が到着すればすぐに走らせられます。お忙しい方もどうぞ。

【動力・トレーラー化パーツ・パンタ組込済】 (N) 鉄道コレクション 富士急行1000系 (1206編成オリジナルカラー)

動力、トレーラー化パーツセット、パンタは下記の通りです。
動力は改良品のTM-06Rがラインナップされています。
(N) TM-06R 鉄コレ動力 18m級A

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0226 C-PS27形パンタグラフ (2個入)

■カラフルなレールバス。樽見鉄道 ハイモ230形

以前は朝の通学用客車列車や観桜列車に貨物列車と機関車が活躍することで知られていた樽見鉄道。
客車列車や貨物列車はなくなり、レールバスオンリーになりましたが、カラフルな仲間が活躍しています。
1984年の開業時にはバスボディを多用したレールバス・ハイモ180形が旅客輸送を行っていました。ただ、二軸故に乗り心地の面や収容力に問題があり、翌年、ボギー車のハイモ230形300番台が登場しました。同時期の明知鉄道アケチ1形のように、2軸車をボギーにストレッチしたようなスタイルが特徴です。そして、1988年と92年に増備車のハイモ230形310番台が2両登場しています。300番台に比べ、ドアが引き戸になり、ヘッドライトが角形になっているのが特徴です。
第三セクターの鉄道では、車体広告が目立ちますが、313は沿線の本巣市の宣伝、314はショッピングセンターのモレラ岐阜の宣伝を行っています。
今回は、313と314の2両セットが発売されます。
(N) 鉄道コレクション 樽見鉄道 ハイモ230-310形 2両セット

なお、同時に動力・トレーラー化パーツ組込済のオリジナル商品もご用意いたします。
【動力取付済(1両)】 (N) 鉄道コレクション 樽見鉄道 ハイモ230-310形 2両セット
1両のみ動力車です。ご指定のないときは313が動力車といたします。

【動力取付済(2両)】 (N) 鉄道コレクション 樽見鉄道 ハイモ230-310形 2両セット
2両とも動力車です。

動力装置・トレーラー化パーツセットはこちらです。
(N) TM-11R 鉄コレ動力 16m級用 C

(N) TT-03R トレーラー化パーツセット (カプラー色黒)
…ハイモ230-314用です。

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

このほかの鉄コレ第19弾(開封販売を含みます)、トミックス各種は別途ご案内いたします。
それでは。