新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

鉄コレ第19弾のご予約受付中です。

新潟鉄工製のNDCのうち、18m級のグループを集めたものです。
車体は同じように見えて、クーラーの数やライトの配置、トイレの有無など細かい部分が異なっています。
カラーリングや細かい部分の差異をお楽しみ下さい。

鉄コレ 第19弾

ラインナップです。

■津軽鉄道21形
1996年に21-101・102が登場。次いで2000年に103~105が登場。エンジンはDMF13HZ(330PS)を搭載しています。太宰治の生家が沿線の金木にあることから「走れメロス号」という愛称が付いています。オレンジに緑色のラインが特徴です。

■秋田内陸縦貫鉄道AN-8800形
国鉄阿仁合線、角館線を引き継いで1986年に開業した秋田内陸縦貫鉄道は、当初、国鉄(JR東日本)からキハ22形を借用していました。しかし、故障が頻発したことから1988年にAN-8800形を導入しました。カラーリングはアイボリーに赤いライン。出力250PSの6H-125形エンジンを搭載しています。二軸駆動となっているのが特徴です。
9両が登場。現在は、8808がお座敷車化、8804以外は現在は単色化されています。

■由利高原鉄道 YR-2000形
国鉄矢島線を1985年に引き継いで開業。当初、全長14.5mのYR-1000形(後にエンジン換装・冷房取り付けで4両がYR-1500形に改番)5両が活躍していましたが、2000年に増備車としてYR-2000形2001が登場。車体は18mと大型化され、冷房装置も取り付けられました。窓は開閉式です。なお、2003年に2002が増備されていますが、イベント対応車で固定窓となっています。今回は窓が開閉式の2001が模型化されます。

■三陸鉄道36-500形
1994年に2両が強風により脱線転覆~廃車となったため、同年に1両が登場しました。冷房・トイレ付きで北リアス線で使用されていました。しかし、1両のみと異端なのか2009年に早くも廃車となっています。

■山形鉄道YR-880形
国鉄長井線を転換した山形鉄道。1988年に開業しました。その際、881~886の6両が登場。形式は開業年の「88」にちなんでいます。車内はセミクロスシート・トイレ付きです。その後、1990年に887・888が増備。ロングシート・トイレなしとなっています。
白をベースにオレンジ、ピンク、緑のラインが入っています。
なお、2003年に881が所要車両減のために余剰となり廃車となっています。
トイレ付きの車両が発売される予定です。

■ひたちなか海浜鉄道3710形
長らく安定した性能で実績があったキハ20形とその一族を茨城交通は使用してきましたが、さすがに老朽化が進んだことやタネ車も枯渇したことから1995年に新型車を導入することとなりました。「湊」にちなんで3710形と命名。まず、1両が登場しました。路線があまり長くないことからトイレは省略されています。
続いて、1998年に増備車の3710-02が登場。そして、2002年にはブレーキを二重系に改良した37100形(37100-03)が登場しています。
塗装は、茨城交通のアイボリーをベースに赤と青のラインが入るものでしたが、ひたちなか海浜鉄道に継承後の2010年に緑とクリームとゴールドの新塗装にあらためられています。今回は茨城交通色です。

■若桜鉄道WT-3000形
国鉄若桜線を1987年に転換した若桜鉄道は開業時にWT-2500形を4両導入しています。出力が250PS(DMF13HS)によるもので、トイレは省略されています。2000年からエンジンを330PSのDMF13HZに交換してWT-3000形に改番されています。なお、2502は2003年に余剰となり更新されずに廃車されています。車両には「さくら○号」という愛称が付けられています。

■JR九州キハ125形
閑散線区のワンマン運転化を狙って1993年に25両が登場しました。エンジン出力は330PSのDMF13HZ。唐津と大分に配属され、前者は筑肥線・唐津線に、後者は久大本線、豊肥本線、日田彦山線で使用されています。
当初、トイレは省略されていましたが、2003年に取り付けられています。
自動ブレーキ方式のため、キハ40系など一般形気動車との併結も可能です。
塗装は黄色一色に「Y-DC125」のJR九州独特のレタリングが入ったものとなっています。

■松浦鉄道MR-400形
国鉄松浦線を転換した松浦鉄道では、1986年の転換時に16m級のMR-100形、200形、300形が投入されました。その後、1998年に増備車としてMR-400形が1両登場しまして。在来車に比べて車体が18mと長くなっているのが特徴で、エンジンはDMF13HZ・330PSです。貫通型の車体でトイレは省略されています。
なお、現在増備中のMR-600形は電気指令式ブレーキのため、併結はできません。

■島原鉄道キハ2550形
島原鉄道では、キハ55形や20形の置き換えのため、1994年にキハ2500形が5両登場しました。車体は黄色で裾部に青色のライン、ドア付近に「島原の子守歌」にちなんだイラストが入っています。その後、1997年に5両、2000年に3両の合計13両が登場し、在来車を置き換えました。
2001年からは京福電鉄の事故を鑑み、ブレーキの二重化を図った増備車が登場。区別するために2550形となりました。2551、2552が登場。外観はキハ2500形と変わりません。また、2011年にはキハ2512が事故廃車となったために代替車として2553が登場しています。トイレは諫早側に取り付けられています。
現在、島原鉄道の車両はキハ2500形、2550形に統一されています。

下記のページでご予約受付中です。

1ボックス=10ヶ入りです。
(N) 鉄道コレクション 第19弾 ボックス販売 (10ヶ入)
※何が入っているかはお楽しみです。中身の指定はできませんのでご注意下さい。

専用ケースです。
(N) 鉄道コレクション 第19弾専用ケース

動力装置です。
(N) TM-23 鉄コレ動力 18m級C

お約束の開封販売です。
毎度のお願いですが、ヤマト運輸のメール便またはメール便速達での配送はサイズ超過のためできません。ヤマト運輸の宅急便またはゆうパックでの配送のみ承ります。
もし、メール便またはメール便速達をご指定なさいました場合、ゆうパックでの配送とし、差額を頂きます。コンビニエンスストア払いの場合は、いったんご注文をキャンセルし、あらためてご注文を計上いたします。お支払は訂正後の価格でお願いいたします。これらの事項に同意できないお客様はご注文をご遠慮下さい。また、悪質な場合は、キャンセル並びに今後のお取引をご遠慮頂く場合がございます。なにとぞご理解のほどお願いいたします。

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 津軽鉄道 津軽21形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 秋田内陸縦貫鉄道 AN-8800形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 由利高原鉄道 YR-2000形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 三陸鉄道 36-500形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 山形鉄道 YR-880形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 ひたちなか海浜鉄道 3710形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 若桜鉄道 WT-3000形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 JR九州 キハ125形 一般形気動車

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 松浦鉄道 MR-400形

【開封販売】 (N) 鉄道コレクション 第19弾 島原鉄道 キハ2550形

以上です。
なお、動力ユニット、トレーラー化パーツにつきましては、開封販売の「オプション」でお選び頂けます。
当店で動力装置の組み込みも承ります。どうぞご利用下さい。

お知らせです。
Facebookページを始めました。
下記のページです。
http://www.facebook.com/miyakomokei
ご覧ください。

それでは。

新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

トミックスの2014年3月、4月発売分のご予約受付についてご案内いたします。

■新幹線へのリレー特急。「かがやき」「きらめき」
2015年に金沢まで新幹線が東京から延びてきますが、日本海側の福井、金沢、富山から東京へは米原を回って東海道新幹線に乗り換えるか、長岡から上越新幹線に乗り換えるかというのが一般的なルートでした。
もちろん、「加越」「しらさぎ」や「北越」といった特急がありますが、どちらかといえば沿線の都市の乗客をこまめに拾う性格があり、新幹線に速くリレーできる特急が叫ばれていました。
1988年に「かがやき」「きらめき」がデビュー。「かがやき」は金沢~長岡、「きらめき」は金沢~米原で、運転区間自体は「北越」「加越」と変わりませんが、停車駅を絞り、全車指定席、専用塗装のアコモデーション改造車を使用しているのが特徴です。1分でも所要時間を短縮するため、鉄路の要衝である敦賀も通過するという徹底ぶりでした。
当初は4両編成で全車普通車でしたが、1992年にはグリーン車を連結し、6両化されています。
ただ、1997年には北越急行ほくほく線が開業し、金沢~越後湯沢間の「はくたか」がデビューしたことから列車は廃止。アコモデーション改造車は他の列車に転用されています。
結果的には「はくたか」までのつなぎといった性格もあるのかもしれません。
今回は、グリーン車付6両編成の時代が模型化されます。

(N) 98924 JR西日本 485系 交直流特急形電車 「かがやき・きらめき」 6両セット (限定品)

なお、前面は「かがやき」のマークが取付済で、交換用に「きらめき」が同梱されています。
側面の方向幕は含まれていません。他社製品をご使用下さい。

(N) J8301E 481系~489系 -白鳥・かがやき・きらめき- フィルムシール
※お取り寄せとなり、お時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。

■奇跡の車両。三陸鉄道「キット、ずっと2号」

本年放送された連続テレビ小説『あまちゃん』では、東日本大震災の模様も出てきていました。
地震の時にトンネルの中で走行中、どうにか停車して難を逃れたエピソードがありましたが、実際に、三陸鉄道でも同じことが起きています。南リアス線の吉浜~唐丹間を走行中の36形207号車。トンネル内で緊急停止しました。トンネルを出たところの橋は落ちており、運が悪ければ転落していたかもしれません。207号車は、トンネル内で止まっていましたが、5月に搬出されています。
このため、「奇跡の車両」とも呼ばれています。
2013年からはネスレの復興キャンペーン「キット、ずっと2号」として桜のラッピングが施されて三陸鉄道南リアス線で活躍しています。今回は、桜のラッピングが入った姿です。

(N) 2652 三陸鉄道 36形 「キット、ずっと2号」 (限定品)

動力組込済の特製品もご用意いたします。
なお、台車はボルスタレスではなく、コイルバネとなります。ご了承下さい。
【動力組込済】 (N) 2652 三陸鉄道 36形 「キット、ずっと2号」 (限定品)

■オレンジ色の103系。

登場50周年を迎えた103系。各社から完成品やキットが発売されています。
トミックスは細部にこだわったハイグレード仕様となっていますが、今回、オレンジ色が登場します。
非ユニット窓車の3両基本セットA、4両基本セットB、2両増結セット、サハ103と先頭車は低運転台非ユニット窓、中間車はユニット窓の大阪環状線8両セットが発売されます。
非ユニット窓車は、武蔵野線、青梅・五日市線を想定したもので、クモハ先頭の3両編成から武蔵野線の6M2Tの8両編成までいろいろ組んで楽しめます。車番はインレタ、JRマークもインレタの中に収録されています。
ちなみに、全部非ユニット窓車で大阪環状線を…となると、これが非冷房車しかいないわけで、冷房付きで非ユニット窓のモハユニットが組み込まれているクハ103-175・177の編成もサハだけはユニット窓だったり、750番台だったりします。
まあ、関西であれば片町線あたりになりそうです。クハ103-163~の6両時代は全部非ユニット窓で冷房改造車でした。なお、クーラーはAU75G(ステンレスキセ)ですので、そこら辺は工夫して下さい。

非ユニット窓車のセットです。

(N) 92527 国鉄 (JR) 103系 直流通勤形電車 初期型冷改車・オレンジ 3両基本セットA
クモハ103-モハ102-クハ103-500です。
行先は「青梅」「東京」「武蔵五日市」「府中本町-西船橋」が付属しています。※前面のみ

(N) 92528 国鉄 (JR) 103系 直流通勤形電車 初期型冷改車・オレンジ 4両基本セットB
クハ103-モハ103-モハ102-クハ103です。
行先は「奥多摩」「立川」「大阪環状線」「府中本町-西船橋」が付属しています。※前面のみ。

(N) 92529 国鉄 (JR) 103系 直流通勤形電車 初期型冷改車・オレンジ 2両増結セット
モハ103-モハ102です。

(N) 9301 国鉄 (JR) 103系 直流通勤形電車 サハ103形 初期型冷改車・オレンジ

武蔵野線の場合…
クモハ103-モハ102-サハ103-モハ103-モハ102-クハ103(基本A+増結+サハ103)
クハ103-モハ103-モハ102-モハ103-モハ102-クハ103(基本B+増結)
が見られました。
8両の場合は、さらにモハ103-モハ102(増結)をプラスして下さい。

違いが分かるあなたに、大阪環状線フル編成セット。
…というメーカーからのキャッチコピーが出ていますが…。
大阪環状線の場合、先頭車が非ユニット窓で中間車はユニット窓という編成が多く存在しました。
これは、1975年前後に大阪環状線に103系を投入し、あまった101系を片町線に転用して旧型を淘汰することになった際、首都圏地区にATC対応のクハを投入し、あまった低運転台のクハを関西に転用し、新製した中間車と組成するということを行ったためです。どうやら梅小路の博物館入りしそうな「クハ103-1」もこの流れで、浦和から森ノ宮にやってきて、長らく環状線で走っていました。ちなみに、中間車はもちろん冷房車なので、転属時にクハ103の低運転台車も冷房改造を受けています。
要は、先頭のクハ103が非ユニット窓、それ以外はユニット窓の8両編成ということになります。

では、「クハ103-1」の編成を再現できないかというと…。1984年頃は、クハ103-1~クハ103-530とこのセットにどんぴしゃりの編成となっています。ちなみに、他にもクハ103-7~クハ103-529、クハ103-9~クハ103-502、クハ103-41~クハ103-544などが見られます。余談ついでですが、後年クハ103-1の相方となる高運転台のクハ103-806はクハ103-72と編成を組んでいました。

まあ、そんなわけで、大阪環状線の8両編成をハイグレードでお楽しみ下さい。
(N) 92863 国鉄 (JR) 103系 直流通勤形電車 大阪環状線 8両セット

かなり長くなってきましたので、後半ははしょりますが…。

■栄光のブルートレイン。14系寝台車。
1971年に登場した「ニューブルートレイン」です。分散電源方式を採用しており、「さくら」「みずほ」などで活躍しました。意外なところでは「日本海」でも使用されており、九州の早岐客車区の14系が青森まで遠征していた時代もありました。
今回は、関門用のEF81 400、本州用のEF66、九州島内のED76とあわせて発売されます。
機関車のリレーもお楽しみ下さい。
「カルテット」やオシ14が入っており、B寝台が2段化後ですので、国鉄末期~JR初期の姿です。

(N) 92864 国鉄 (JR) 14系14形 特急寝台客車 7両基本セット
スハネフ14-オロネ14-オハネ14 700(カルテット)-オハネ14-オハネ14-オシ14-スハネフ14です。

(N) 92865 国鉄 (JR) 14系14形 特急寝台客車 4両増結セット
スハネフ14-オハネ14-オハネ14-スハネフ14です。

(N) 9501 国鉄 (JR) 14系14形 特急寝台客車 オハネ14形

関門間の機関車。EF81 400です。赤2号に塗られたJR九州仕様です。
(N) 9155 JR九州 EF81形400番台 交直流電気機関車 JR九州仕様・赤2号

本州内の牽引を担当したEF66です。
(N) 2165 JR西日本 EF66形 直流電気機関車 後期形・ひさし付き・特急牽引機

九州島内はED76です。
(N) 2173 JR九州 ED76形 交流電気機関車 後期型・JR九州仕様

以上です。それでは。