新製品・再生産品情報,既存商品案内

ご来店ありがとうございます。

カトーカタログ 2014

毎年恒例、カトーのカタログ 2014年版の発売が発表されています。
全266ページ、12月中旬発売予定です。

本年は、車両紹介のレイアウトをよりわかりやすく、見やすくしたこと、またHOゲージのページ数を増やして今まで以上に豊富に掲載するとのことです。

下記のページでご予約受付中です。
25-000 KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ 2014 ※メール便対応商品

また、入門者向けのNゲージガイドブック基礎編も好評発売中です。
(N) 25-030 Nゲージガイドブック基礎編 ユニトラック線路で走らせよう!!

なお、トミックスもご予約受付中です。
7035 トミックス総合ガイド 2013-2014

7335 トミックスパーツカタログ 2013-2014

後半です。
先日、近鉄南大阪線・吉野線の特急車16000系のデッキなし車である16005・06編成が引退しましたが、ちょうどタイミングよく、グリーンマックスから製品化されます。
が…。3タイプの違いがわからないというご質問を頂きましたのでここで解説しておきます。

近鉄16000系

1965年に「花の吉野へゆったり座って大名気分」というキャッチフレーズで吉野特急はデビュー。それまでは不定期特急として5820系「かもしか」などが活躍していましたが、南大阪線・吉野線初の本格的特急車として16000系が登場しました。
同時期の標準軌線11400系「新エースカー」を狭軌用にアレンジしたスタイルですが、車高が低く、肩が張ったデザインが特徴です。また、足回りは同時期の南大阪線用通勤車6020系と同一です。
2連×8本、4連×1本が1977年までに登場し、南大阪線・吉野線で活躍してきました。
なお、更新工事を1985年から施工していますが、第7編成以降はデッキ取付、電動車の吉野側のドア撤去、荷物置き場設置などが行われています。その後、1981年にサニーカーの狭軌版的な存在である16010系が登場。1990年には「さくらライナー」こと26000系が4連×2本登場。ここまでは増備車でしたが、1996年にACEこと16400系が、2010年にAceこと16600系がそれぞれ2連×2本ずつ登場し、16000系を置き換えています。
話は戻りますが、現在、16000系は2連×2本、4連×1本の8両が活躍しています。ちなみに、16007編成は1970年製。「近鉄特急らしい」スタイルを残す16000系は今後どうなるのか気になるところですが…。

さて、更新工事の内容が少しずつ異なるため、1編成ずつスタイルが異なるわけでして。

近鉄16000系

あべの橋側の電動車 モ16000形です。
製造時からドアが2ヶ所あります。後ろ側のドアは撤去されていない「デッキなし」です。
16006編成までが該当します。

モ16000

デッキ取付、車販準備室撤去を施工した16007以降です。

ク16100

デッキがないオリジナルスタイルのク16000形です。
16006までのタイプです。前側ドアの後ろに大窓があります。

ク16100

デッキ、荷物置き場を新設したク16000形です。
16007以降のタイプです。前側ドアの後ろの窓が半分埋められています。

で…さらにややこしいのが前面の塗り分けです。

16000系の前面塗り分け

左は16009編成、右はそれ以外の塗り分けです。
紺色の下側の塗り分け線が、16009編成の方が低いのがおわかりいただけると思います。
※「特急」マークの下側です。幌の止め金具と塗り分け線の位置関係で判断してくだされば結構です。

つまり…。
1.「デッキなし」「デッキ付」を作り分けたい
2.「デッキ付」を製品化したいが、4両固定編成よりも、2両固定編成の方が数が多い。
3.ところが、「デッキ付」の2両編成は2本あるが、編成によって塗り分け線が異なり、それを再現しておかないと近年の模型界の傾向からは受け入れられない。また、近鉄ファンならば重連運転を再現したいのは当然の帰結である。
4.それで、「デッキなし」、「デッキ付」基本、「デッキ付」増結がラインナップされているということになるわけです。

おさらいをすると
4572:先頭車2両セット(動力付き)…デッキ付で前面の紺色塗り分け線が高い16007編成
4573:先頭車2両セット(動力無し)…デッキ付で前面の紺色塗り分け線が低い16009編成
4574:先頭車4両編成セット…デッキなしで16005・16006編成
ということになります。

まあ、肩肘張らずにお楽しみいただければと思いますが、どこがどう違うか分からないというご質問がまいりましたので、この場をお借りして回答といたします。

下記のページでご予約受付中です。

デッキ付で前面の紺色塗り分け線が高い16007編成
(N) 4572 近畿日本鉄道 (近鉄) 16000系 先頭車2両セット (動力付き)

デッキ付で前面の紺色塗り分け線が低い16009編成
(N) 4573 近畿日本鉄道 (近鉄) 16000系 増結用先頭車2両セット (動力なし)

デッキなしの16005・16006編成…先日引退しました。
(N) 4574 近畿日本鉄道 (近鉄) 16000系 先頭車4両編成セット (動力付き)

…お約束のTN化とライトですが、どうやら製品のヘッドライトLEDが白色となっている模様ですので、製品発売後に検討したいと思っています。ご了承下さい。

最後に…では、この写真は何番編成でしょうか。
ドアと窓の位置関係と前面の塗り分け線でおわかりいただけると思います。

近鉄16000系

それでは。