新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

モデモから 箱根登山鉄道2000形「レーティッシュ塗装」が2014年1~2月に発売されることが発表されました。ご予約受付中です。

■真っ赤なレーティッシュカラー。箱根登山鉄道2000形

モデモ NT145

箱根は東京からも近く、お手軽な観光地、いや世界的な観光地の一つです。
箱根と言えば、駅伝の他に登山鉄道も人気があり、近年では、箱根湯本から強羅までしゃべり倒す車掌がいることでも知られています。
その箱根登山鉄道では、長らくモハ1,2,3形という古風な車両が活躍してきました。しかし、1981年に久しぶりの新車1000形「ベルニナ号」が登場。車両の増備が始まりました。
1989年には初の冷房車2000形「サン・モリッツ号」が誕生。1000形をベースにした車体で、前面は1枚窓、ヘッドライトは角型となっているのが特徴です。
注目のクーラーは屋上には抵抗器があるために搭載できず、連結面寄りに床置きタイプが設置されています。また、非常時に備えて、貫通路が設置されたのも注目されます。
塗装は赤と白の親会社である小田急10000形「HiSE」に似たものでしたが、2001年から姉妹鉄道のレーティッシュ鉄道の車両をイメージした赤をベースに黄色いラインが入るものとなっています。3両編成×3本が登場しましたが、現在は、2両×2本、3両×1本、中間車2200形×2両は1000形に組み込まれています。まもなく、3000形が登場する予定ですが、これにより、2000形に増結して、混雑時には全列車3両化が達成できるものと思われます。

今回は「サン・モリッツ号」2000形の現行塗装:レーティッシュ塗装の2両セットが発売されます。トミックス製の1000形、モデモ製のモハ1形他、鉄コレなど多彩に発売された箱根登山鉄道のラインナップに加えて下さい。

(N) NT145 箱根登山鉄道 2000形 「レーティッシュ塗装」 2両セット

お知らせです。

明日、11月24日(日)、ホビーセンターカトー大阪店で「パーツ取付教室 電気機関車・貨車編」を開催いたします。

パーツ取付

日時:11月24日(日) 13時~15時頃
場所:ホビーセンターカトー 大阪店
内容:電気機関車・貨車のパーツ取付法…日頃できないとお悩みのパーツ取付を対面方式でお教えいたします。
その他:随時、マンツーマン形式で行います。
参加費:無料

お手持ちの車両のパーツ取付でご不明な点がございましたらお気軽にどうぞ。

なお、これにともない、出荷作業はおやすみいたします。ご了承下さい。

それでは。