工作・加工

ご来店ありがとうございます。

首都圏ではおなじみのE233系。「上野東京ライン」開業の主役となる東海道本線、東北本線・高崎線用の3000番台、京葉線の5000番台は分割・併合が存在します。

KATO製品では、各番台が発売中ですが…。

もちろん、KATOカプラーでも先頭車同士の連結は再現できます。

E233系併結

が…。連結面間が長いということがちょっと気になります。

というわけで、TN化してみると…。

141208-01

連結面間が縮みます。
で…。KATOカプラーを外して、そこへ直接TNカプラーを接着すると…。
カプラーが垂れ下がってしまいます。

なので、

E233系床板くり抜き

床板をくり抜いてプラ板で上をふさぎ、そこへカプラーをネジ止めすれば…。下がりすぎることはありません。

E233系 TN化

こんな感じです。

加工を承ります。写真は京葉線の5000番台ですが、他の番台でも承ります。
近郊形の3000番台も需要があろうかと思います。例えば、高崎線の場合は籠原以遠は10連で運転となりますし…。

下記のページです。
【加工依頼】 (N) カトー JR東日本 E233系 TNカプラー化 1ヶ所分

このほか…。

313系 TN化

JR東海の近郊形313系も承ります。
GM製の211系5000番台との併結も各自工夫で…。
カトーカプラーで併結する方法もありますが、連結面間が開きすぎるというご意見もございまして…。

【加工依頼】 (N) カトー JR東海 313系 TNカプラー化 1両分

それでは…。