工作・加工,新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

マイクロエース 2015年10月発売予定品です。
先に近鉄18400系「ミニスナックカー」、20100系「あおぞら」のご予約受付についてご案内いたします。
他の形式は別記事といたしますのでご了承下さい。

■「ミニスナックカー」こと18400系。

1964年は近鉄にとって大きな転換点となりました。東海道新幹線が開業。それまで近鉄特急の主力路線であった「名阪特急」が大打撃を受け、乗客が激減しました。しかし、これで終わらないのが近鉄の強いところ。新幹線でやってきた乗客を大阪や名古屋で受けて伊勢志摩方面へ運ぶという路線に大転換しました。その中で、京都から伊勢志摩への直通運転も課題となりました。ところが、当時京都線・橿原線は架線電圧が600V。車両限界も小さいことが問題となりました。
そこで、1966年に18200系が登場。狭幅車体に複電圧装置を搭載し、八木~宇治山田間は大阪線の特急に併結するスタイルで京都~宇治山田間の直通運転を開始しました。これが大好評で、1969年には増備車として18400系が登場しました。元となったのは「スナックカー」こと12200系。車体幅は2670mmとスリムなのが特徴です。18200系では回転クロスシートが採用できませんでしたが、18400系では偏心回転リクライニングシートを開発し、居住性を向上させました。
「ミニスナックカー」と呼ばれ、2連×10本が登場。京都と伊勢志摩の直通運転の戦列に加わりました。
ちなみに、スナックコーナーを備えていたのは当初の8本で、最後の2本は省略されています。
1977年からはスナックコーナーを撤去。1984年からは更新工事を受けて、前面が変わりました。
しかし、狭幅故に居住性が12200系に比べて劣るために、2000年までに特急車としては引退。第9編成は団体専用の「あおぞら2」に改造されましたが、こちらも2012年に引退しています。

今回は、マイクロエースから発売されます。
登場時のスタイルで、第3編成(スナック付き)、第9編成(なし)の4両セットです。

(N) A6280 近鉄 18400系 登場時 4両セット

さて…これではおもしろくありません。それは、カプラーがダミーとアーノルドであるからです。
重連運転ならともかく、やはり先頭車同士の連結はリアルにしたいもの。
また、「ミニスナック」+「ビスタカー3世」というと、1980年代の京伊特急の定番でもありました。
トミックス製の30000系と連結したくなるのが人情です。
幸い、スナック付きの第3編成がモーターなしというのもなんとなく企画担当者の愛情を感じるのは考えすぎかもしれませんが…。

運転台側をTN化した特製品です。
【運転台側TNカプラー化】 (N) A6280 近鉄 18400系 登場時 4両セット

いや、せっかくなら、連結面側もTN化。という方はこちらを。
【運転台側・連結面側TNカプラー化】 (N) A6280 近鉄 18400系 登場時 4両セット

■小学生のあこがれ。20100系「あおぞら」

大阪に住んでいると、小学生の修学旅行はたいてい伊勢でした。1980年代の話ですが…。
ということは…「あおぞら」に乗れるのがお約束で、早く乗りたいと指折り数えて待っていました。

が…保護者から「神社に参拝するのはおかしい」と強いクレームが入り、「平和学習を」ということで私の学年から広島になってしまった苦い経験があります。もっとも、私が小学生の頃住んでいた街は、とある宗教団体の力が強かったのも事実で、付属の高校や中学に寮もあり、そうならざるを得ない事情があったわけですが…。

元に戻すと、修学旅行用のダブルデッカーである「あおぞら」。3両1編成でたいてい重連で使っていたように記憶しています。登場時は多客時には一般臨時列車として使われていましたが、冷房がないことや居住性の問題から晩年はそのような運用もなく、結局、1994年の廃車まで乗ることはありませんでした。個人的にはあこがれの電車です。
もっとも、いざ乗ってみるといすが狭いなど現実との落差にがっかりしたのかもしれませんが…。

今回は、改造後の6両編成が模型化されます。台車が立体的なものに改良されています。
スカートや列車無線アンテナが取り付けられた末期の姿です。

(N) A8293 近鉄 20100系 「あおぞら」号 改造後 改良品 6両セット

例のごとく、カプラーはアーノルドですので、運転台側をTN化した特製品もご用意いたします。

【運転台側TNカプラー化】 (N) A8293 近鉄 20100系 「あおぞら」号 改造後 改良品 6両セット

また、同時に中間部もTN化したものもご用意いたします。

【運転台側・連結面側TNカプラー化】 (N) A8293 近鉄 20100系 「あおぞら」号 改造後 改良品 6両セット

このほか、岳南ED40や西武E31、西武701系の譲渡車もラインナップされていますが、別記事といたします。
ご了承下さい。

工作・加工,新製品・再生産品情報

ご来店ありがとうございます。

トミックスのキハ58系「たかやま」、500系カンセンジャーラッピング他ご予約受付中です。

■ピンクと白色の「たかやま」
大阪と高山・飛騨古川を結ぶ列車は現在特急「ひだ」が担っていますが、元々は1966年に大阪~高山間で運転を開始した急行「のりくら」がルーツです。その後、愛称は1968年に「くろゆり」、1971年に「たかやま」に改称されました。民営化後もキハ58系を使用していましたが、1990年からテコ入れのため、アコモデーション改造を受けています。
普通車の座席を新幹線0系発生品の回転リクライニングシートに交換、暖房を電気方式に変更し、塗装はピンクとアイボリーに境界線が青色というカラフルなものになりました。番号はキハ58系6000番台を名乗りました。
グリーン車はユニット窓のものと一段下降窓のものが1両ずつ選ばれているのも特筆されます。
東海道本線を走る最後のキハ58系急行として注目されましたが、1999年に特急「ひだ」に格上げされて消滅しました。

(N) 92583 JR西日本 キハ58系 急行形気動車 「たかやま」 基本セット 4両

(N) 92584 JR西日本 キハ58系 急行形気動車 「たかやま」 増結セット 3両

ところが、例のごとく、パーツ類はユーザー取付。そのために穴だらけです。
当店でパーツ類を取り付けた特製品をご用意いたします。
商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。

キハ143電球色化

写真はキハ143形ですが、内容は同じです。

【パーツ取付済】 (N) 92583 JR西日本 キハ58系 急行形気動車 「たかやま」 基本セット 4両

【パーツ類取付済】 (N) 92584 JR西日本 キハ58系 急行形気動車 「たかやま」 増結セット 3両

■山陽新幹線全線開業40周年・カンセンジャーラッピングの500系新幹線

気がつけば山陽新幹線も開業して40周年。JR西日本ではキャンペーンを実施しています。
また、山陽新幹線の利用促進のため、「カンセンジャー」というキャラクターを制定しており、イベントなどで登場しています。500系新幹線にカンセンジャーのラッピングを施した編成が登場し、注目を浴びています。
今回は、山陽新幹線全線開業40周年・カンセンジャーラッピング編成が製品化されます。

(N) 98948 JR西日本 500系7000番台 山陽新幹線全線開業40周年・カンセンジャーラッピングセット 8両

ヘッドライトは実は橙色。屋上などのインレタはユーザー貼付。
というわけで、ヘッドライトを電球色、インレタを転写済の特製品をご用意いたします。

ヘッドライト電球色LED化

※写真は923形ですが、内容は同じです。

【ヘッドライト電球色LED化・パーツ・インレタ取付済】 (N) 98948 JR西日本 500系7000番台 山陽新幹線全線開業40周年・カンセンジャーラッピングセット 8両

再生産品です。
広島車両所で更新を受けたEF64 1000が再生産されます。

青色に裾部に白いラインが入っています。

(N) 9131 JR貨物 EF64形1000番台 直流電気機関車 JR貨物更新車・広島車両所色

例のごとく、ナンバー、アンテナ、手すりなどはユーザー取付。
また、ヘッドライトは橙色。
そして、パンタグラフはプラ製でバラバラになりやすいのが残念なところです。

当店で、ナンバー、アンテナ、手すりなどを取り付け、ヘッドライトを電球色LED化、さらにパンタを金属製(カトー EF65 1000用を使用)に交換した特製品をご用意いたします。

EF64 1000LED交換

EF64 1000

【金属製パンタ化・ヘッドライト電球色LED化・ナンバー・パーツ取付済・ナックル化】 (N) 9131 JR貨物 EF64形1000番台 直流電気機関車 JR貨物更新車・広島車両所色

それでは…。