【Nゲージ】24系24形寝台車、N700系山陽・九州新幹線など発売中です

ご利用ありがとうございます。

本日は、トミックスの24系24形寝台車、N700系山陽・九州新幹線などのご案内をいたします。数が多いですが、最後までおつきあい下さい。

■最後の三段式B寝台車。24系24形

「走るホテル」と呼ばれた20系ブルートレイン。電源車方式を採用し、冷暖房完備、固定編成方式と客車列車の大革命を起こしました。その後継として14系が1971年に登場。分割併合の便を図って緩急車の床下に電源エンジンを配置=いわゆる分散電源方式=しているのが特徴でした。ところが、1972年に北陸トンネル火災事故が発生。防火対策上、14系のような分散電源方式では難があるために増備は中止。1973年、電源車方式に戻った24系寝台車が登場しました。
登場の理由が防火上の理由だったために、基本的に14系を電源車方式にしたような格好で、寝台の舟体がアルミ製にあらためられているのが特徴です。まずは、九州ブルトレでデビュー。「あかつき」「彗星」や「あさかぜ」などで活躍を始めました。しかし、翌年にはB寝台車が二段式となった24系25形が登場。東北方面に活躍の場を移しました。わずか188両の少数派ですが、最後の三段式B寝台車であり、またA寝台車も開放式であるということが特筆できるところです。B寝台は1983年から翌年にかけて二段寝台化されており、実質的に24系25形との差違はなくなりました。現在も、「日本海」「あけぼの」などで活躍しています。また、アコモ改造を受けた車両も存在し、金帯+引扉になったものも存在します。
今回は、白帯で二段寝台化後のものが発売されました。

(N) 92814 24系24形 7両セット
カヤ24+オロネ24 0+オハネ24+オハネ24+オハネフ24→+オハネ24+オハネフ24
中間のオハネフ24のテールライトは非点灯です。
増結用の中間車です。
(N) 8531 オハネフ24
(N) 8532 オハネ24
(N) 8533 オロネ24 0
(N) 8540 カニ24 100

オハネフ24 22

そういえば、こういうものも存在します。オハネフ24 22ですが、金帯になっており、扉は引戸にあらためられています。腕に自信のあるモデラーさんはお試し下さい。
金帯のデカールも発売中です。
(N) ブルトレ製作用 Nゲージ 汎用金帯デカール

トミックスの24系客車には側面方向幕のステッカーが付属していません。
下記のものもご利用下さい。ジオマトリックス・デザイナーズ・インク製のステッカーです。
(N) J8611C 14系/24系客車(上野) フィルムシール
「あけぼの」「ゆうづる」「はくつる」あたりが使えそうです。
(N) J8611B 14系/24系客車(大阪) フィルムシール
「日本海」「彗星」「あかつき」あたりでご使用下さい。

続いて・・・。

■九州へ一直線。N700系山陽・九州新幹線

2011年3月12日。静かに九州新幹線は全線開業。同時に新大阪~鹿児島中央の直通列車「みずほ」「さくら」が運転開始されました。「ひかりレールスター」に続き、指定席は2+2列のゆったりとしたもので、和のテイストも盛り込んだ落ち着いた車内となっています。また、カラーリングも東海道・山陽用のものとは違い、白藍色(薄い水色)をベースとしたもので、よく見ると青いという微妙な色をしています。
今回は、通常仕様のものが再生産されました。
(N) 92411 JR九州 N700系 九州・山陽新幹線電車 3両基本セット
(N) 92412 JR九州 N700系 九州・山陽新幹線電車 5両増結セット
8両でフル編成というコンパクトな編成です。通電カプラー採用により、安定した走行。そして、車輪の汚れが格段に付きにくくなりました。車輪の汚れの理由として第一にレールとのスパークによるススが挙げられます。スパークは車輪とレールが完全に離れたときに電気の流れが一瞬途絶えることによって発生します。0系新幹線がパンタグラフから盛大に火花を散らしていたのも、パンタと架線が接触したり離れていたりを繰り返していたからです。今のN700系はパンタと架線が離れにくくするための対策が施されており、火花が盛大に散ることもありません。
走りやすいのはもちろんですが、実はメンテナンスも楽になったというのが大きな特徴です。

なお、2月10日にあのウェーブのCM撮影用に使われた装飾編成(R10編成)も好評ご予約受付中です。お早めに。
(N) 92986 N700系 山陽・九州新幹線 R10編成 8両セット

■N’EXでNゲージデビュー。ベーシックセットSD

先日、新宿駅で「成田エクスプレス」を見る機会がありました。E259系ですが、実車の赤・白・黒のメリハリの利いたカラーリングは日本離れしています。生で見ると原色をうまく組み合わせており、西では見ないカラーリングで新鮮に感じました。
実車を見るとNゲージをやりたくなった・・・という方も多いかもしれません。
トミックスの入門セットもリニューアルが進行中です。
まずは、E259系「成田エクスプレス」が登場です。
線路、パワーパック、車両のお得なセットです。以前から発売されていた他のものに比べて、今回の「成田エクスプレス」はパワーパックが大容量のものになり、室内灯をプラスして、長編成で走らせても大丈夫な設計になりました。
※以前、Nゲージが走らない・・・という苦情を頂いたときに、こちらで走らせれば問題はない・・・いろいろ話を聞くとパワーパックの容量不足だったということがありました。どこへ持っていっても、買った店に相談しても相手にしてくれないと・・・。異常がないから大丈夫といわれ・・・。まあ、笑うに笑えない話でしたが・・・。
「成田エクスプレス」はお手頃な3両セットですが、もちろん、3両増結セットをプラスして実車通りの6両編成でお楽しみいただけます。
(N) 92956 ベーシックセット SD E259系「N’EX(成田エクスプレス)」

増結セットはこちらです。
(N) 92419 E259系「成田エクスプレス」3両増結セット

■回生ブレーキを効かせて走るアトム機関車。ED61

アトム機関車といっても何のことやら・・・ですが・・・。
1950年代後半に交流電気機関車が実用化されました。その際に開発した技術を直流電気機関車に応用したものがいわゆる「新型電気機関車」と呼ばれるものです。ED61形は出力395kwのモーターを4台搭載。旧型機のF級に相当する出力を誇り、「小さくても力は強い」ということからマンガの主人公になぞらえて「アトム機関車」と呼ばれるようになりました。連続下り勾配がある中央東線で使用するため回生ブレーキを備えていたのが特徴です。18機が製造されましたが、1974年からは回生ブレーキを撤去して中間に一軸台車を取り付けたED62形に改造され、飯田線に転じました。
(N) 9114 ED61

なお、飯田線で活躍したED62形も8月31日(水)発売予定です。
下記のページでご予約受付中です。
(N) 9115 ED62

■ディーゼル機関車の定番。DD51 1000

ブルートレインから普通列車や貨物列車まで幅広く活躍するDD51です。今回はトミックスからいわゆる1000番台(厳密には重連形の500番台の後期形)が再生産されています。旋回窓のA寒地形ですので、北海道・東北や新潟地区のものがモデルです。
(N) 2114 DD51 1000

■お手軽な貨物列車のセット。DE10+ワム80000

とりあえず、Nゲージは初めてみたけれど、今度は貨物列車を・・・という方に、DE10とワム80000形の3両セットが発売されました。
DE10は青色の更新機、ワム80000形は青色のものです。どちらもこのセットだけのものです。もちろん、DE10だけでも、ワム80000だけでも、貨車をプラスしても遊べます。
(N) 92404 DE10+ワム80000 貨物列車セット

■ちょっと懐かしい南部縦貫鉄道のレールバス。

東北本線の野辺地駅から南下して七戸に至る南部縦貫鉄道。沿線の天間林にむつ製鉄という製鉄所が建設されることから原料輸送をもくろみましたが、工場の計画は中止。もともと人口の少ないところを走るために経営は苦しく・・・。1997年に営業休止。2002年に廃止されました。
南部縦貫鉄道で活躍したのが2台のレールバス。その名の通り、バス部品を多用した作りで、窓やリベットがゴツゴツしたところはまさにバスです。また、バスよろしく機械式変速装置を備えており、加速するときにはクラッチを使って変速操作をするところが眺められました。赤いカラーリングは雪の中でも緑の中でもよく目立ちました。
再生産品です。
(N) 92134 南部縦貫鉄道 キハ10形 2両セット

■戦後の規格型をチョイス。鉄道コレクション第14弾

毎回、今まで製品化されてこなかったマイナーな車両や小形車両をリリースする「鉄道コレクション」。ボックスシリーズは特に地方私鉄ものが多くラインナップされてきました。今回発売の第14弾は戦後の規格型電車が中心です。
1ボックス=10ヶ単位で販売します。何が入っているかはお楽しみです。中身の指定はできませんのでご了承下さい。
鉄道コレクション 第14弾 10ヶ入り
動力装置・トレーラー化パーツセット・パンタは別売です。
動力装置です。
(N) TM-06 鉄コレ動力 18m級A
(N) TM-07 鉄コレ動力 17m級B
トレーラー化パーツセットです。
(N) TT-03 トレーラー化パーツセット(カプラー黒)
(N) TT-04 トレーラー化パーツセット(カプラー灰)
パンタグラフです。
(N) 0224 パンタグラフ PS13
(N) 0238 パンタグラフ PG16

トミックス・トミーテックは以上です。
続いて、モデモです。

■雅なイメージの嵐電モボ621形

京都の西側を走る京福電鉄嵐山線。地元では「嵐電」と呼ばれています。
都心に近い四条大宮と観光地の嵐山を結び、地域の足として、また観光客の足としても親しまれています。
カラーリングは長年、上半分がベージュ、下半分がグリーンでしたが、2010年に開業100周年を迎えるにあたり、京紫色一色にあらためられ、現在、塗装変更が進行中です。
今回は、京紫色のモボ621形が発売されました。
(N) NT124 京福電鉄 モボ621形 京紫色(モーター付)
(N) NT125 京福電鉄 モボ621形 京紫色(モーターなし)

なお、2009年に嵐電と江ノ電が姉妹提携を結んだ記念に、モボ631を江ノ電カラー(緑とクリーム)に塗り替えて「江ノ電号」として運転しています。
こちらも好評発売中です。
(N) NT117 京福電鉄 モボ631 江ノ電号(モーター付)
実車通り、京紫色と連結させるのも楽しいでしょう。

月末は新製品が多数発売されていますので、紹介も長くなりましたが、最後です。

■石灰石を運ぶホキ2500

東京の奥多摩地方はセメントの原料となる石灰石が採れます。実はそのために青梅線が建設されたわけですが・・・。その石灰石を運ぶホッパー車ホキ2500形がカトーから発売されました。
下記のページです。
(N) 10-824 ホキ2500形 8両セット

なお、ED16形は9月27日(火曜日)発売予定です。
下記のページでご予約受付中です。
(N) 3068 ED16

本日は長くなりましたが以上です。ごゆっくりとお買い物をお楽しみ下さい。