【Nゲージ】 ホビーセンターカトー EF10 24タイプ 入荷しました

ご来店ありがとうございます。

ホビーセンターカトー製 EF10 24タイプが入荷しました。

EF10は1934年、東海道本線の貨物用として登場。国産初の貨物用F型機として東海道本線の他、上越線などで活躍しました。
また、1942年に開通した関門トンネルにも活躍の場を広げました。しかし、海底トンネル故に塩害による錆が目立ち、1953年になって24,27,35,37,41号機の5両は車体の外板をステンレスに張り替えました。車体はぶどう色2号に塗られていますが、24号機だけはステンレスの無塗装で異彩を放っていました。1961年になって門司港駅の構内が交流化されると新鶴見機関区に転出。その際、24号機もぶどう色に塗られました。
というわけで、関門トンネルで「かもめ」や「あさかぜ」といった特急列車の牽引も行っていました。

ホビーセンターカトー製が入荷しました。
(N) 3077-9 国鉄 EF10 24 関門タイプ

手スリの色などが異なりますが、さほど違和感はないかと思います。

例のごとくですが…。ナンバーは未取付。また、トミックスの機関車に採用されている常点灯も非対応。
というわけで、常点灯と進行方向逆側ライトちらつき防止のため、スナバ回路を取付。また、ナンバー取付、ナックル化した特製品をご用意いたしました。
ハイパーハイパーDXなどパルス式パワーパックを使えば、停車中でもヘッドライトが点灯します。
夜の駅で発車待ちをしている情景を再現して下さい。商品が到着すれば、すぐにお楽しみいただけます。

スナバ回路に関する記述は下記のページを参考にいたしております。
craftな毎日 http://iruchan.blog.so-net.ne.jp/2015-01-15
作者のいるちゃん様とは関係がございません。

【常点灯・スナバ回路・ナックル化・ナンバー取付済】 (N) 3077-9 国鉄 EF10 24 関門タイプ

それでは…。