【Nゲージ】 鉄コレ 横浜市営地下鉄1000形、JR123系5040番代 ご予約受付中です

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

鉄コレのご予約を受付中です。

鉄コレ 横浜市営地下鉄 1000形

横浜市営地下鉄1000形です。
1972年、横浜にも地下鉄が開業しました。
上大岡~伊勢佐木長者町間のわずか5.2km。現在のブルーラインのほんの一部です。
1000形が3両で営業開始。セミステンレス車体で前面がくの字に傾斜しているのが特徴です。
そして、なんといっても、車体は基本的に無塗装ですが、ドア部分を青く縦塗りしているのが斬新です。
また、港町ということで、船の汽笛をイメージした独特の警笛(電子笛)もポイントです。
その後、5連、6連と増結。1989年からは冷房改造を受けましたが、2007年までに引退しています。

今回は登場時の姿が模型化されます。
シンプルなスタイルをお楽しみください。

(N) 鉄道コレクション 横浜市営地下鉄 1000形 (非冷房車) 3両セット

動力、トレーラー化パーツセットは別売です。

(N) TM-06R 鉄コレ動力 18m級A

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

特製品です。
当店で動力化したものです。
【動力化】 (N) 鉄道コレクション 横浜市営地下鉄 1000形 (非冷房車) 3両セット

また、中間連結器をKATOカプラー化したものもご用意いたします。

【KATOカプラー化・動力化】 (N) 鉄道コレクション 横浜市営地下鉄 1000形 (非冷房車) 3両セット

鉄コレ JR123系5040番代

身延線のクモハ123形5040番代です。
民営化直前の1987年。余剰となった荷物電車を旅客化改造し、増発などの輸送改善に使用する動きがありました。
身延線では、クモユニ147形を元にクモハ123形40番代が登場しました。
余談ながら、0番代はタネ車がクモニ143形で、直並列制御を行いますが、40番代は永久直列であることから全く血筋が異なっています。もちろん、モーターの出力も異なり、本来ならば40番代というのは妙なのですが、おそらくは5両目を「クモハ123-45」をしたかったのではないかと言われています。
当初は非冷房車でしたが、1989年に冷房改造を施工。電源がDC-DCコンバータタイプであるため、113系や119系同様5000番をプラスして「5040番代」となりました。
身延線の区間運転を中心に使用されていましたが、313系によって2007年に置き換えられました。
非貫通タイプが発売されます。

(N) 鉄道コレクション JR123系5040番代 2両セット

動力、トレーラー化パーツセット、パンタは別売です。

(N) TM-14 鉄コレ動力 20m級A2

(N) TT-04R トレーラー化パーツセット (カプラー色グレー)

(N) 0229 パンタグラフ PS23 (2個入)

動力化した特製品です。
1両は動力車、連結器はアーノルドです。
【1両動力化】 (N) 鉄道コレクション JR123系5040番代 2両セット

TNカプラー化したものです。
1両動力車です。
【TN化・1両動力化】 (N) 鉄道コレクション JR123系5040番代 2両セット

2両とも動力車です。
【TN化・2両動力化】 (N) 鉄道コレクション JR123系5040番代 2両セット

以上です。それでは。