【Nゲージ】 ON-OFFスイッチ付き常点灯ライト基板 ご予約受付中です

Facebook にシェア

ご来店ありがとうございます。

重連の次位機、後補機、プッシュプル、国鉄時代…ヘッドライトを消灯して走行する機会も多い機関車。
ところが、模型の機関車ではライトのON-OFFができないものも多く存在します。
例えば、DE10が重連で「あけぼの」を牽引していたことがありますが、模型で再現しようとすると、次位機のヘッドライトも点灯してしまってなんとなく残念な気分になってしまったこともあると思います。

というわけで…。実車同様、ライトのON-OFFができる「ON-OFFスイッチ付き常点灯ライト基板」を製品化しています。
今回は、カトーのDE10、EF15、EF65、EF81、EF510などに対応する「K-32」を発売することとなりました。

ON-OFFスイッチ付き常点灯ライト基板 K-32 K社機関車用B

ライト基板にON-OFFスイッチを取り付けています。

DE10 ON-OFFスイッチ操作方法

車体を外してON-OFFスイッチを操作します。

カトー DE10の場合です。

同じくEF15の場合です。

2021年6月発売予定です。ご予約受付中です。

【ON-OFFスイッチ付・常点灯ライト基板】 (N) K-32 K社機関車用 B 1両分入り

このほかのON-OFFスイッチ付ライト基板です。

みやこ模型 K-34 ON-OFFスイッチ付き常点灯ライト基板 K社機関車用D

カトー 7008-A DD51 愛知機関区JR貨物色 重連

カトー DD51-A・B(愛知各種)、C(1043号機)、7(中期耐寒形)、8(同三灯形)、EF13、ED62、ED75、ED79などに対応します。
関西本線の重連貨物、はたまた東北本線、そして津軽海峡線など幅広く楽しめます。
また、1043号機の場合、C57やD51の次位に連結するシーンで楽しめます。

在庫がございます。

【ON-OFFスイッチ付・常点灯ライト基板】 (N) K-34 K社機関車用 D 1両分入り

K-35 ダブルLED・常点灯ライト基板 K社DD51対応

DD51でも、7008-2・F(北斗星)、5(842号機お召し)、6(800番台)などに対応するものです。

タネ車のライト基板のLEDとプリズムの間が開いていますので暗いのが難点でした。
そこで、プリズムの背後にLEDを2ヶ置いて照度をアップしています。

K-35 カトー DD51 北斗星 ダブルLED・常点灯ライト基板 使用例

みやこ模型 K-35 プリズム対応

こちらは、5月末に再生産予定です。ご予約受付中です。

【ダブルLED・常点灯ライト基板】 (N) K-35 K社機関車用 E 1両分入り

このほか。人気のため再生産します。

リプルフィルタ搭載・常点灯ライト基板です。

K-21 K社機関車用A

カトー EF66、210、58、DF200などに対応します。
ハイパーDXなどパルス式パワーパックを使えば、停車中でもヘッドライトが点灯します。
また、進行方向逆側のライトちらつきを防ぐためにリプルフィルタを搭載しています。

※EF210の場合、製品の寸法誤差によって内屋根に干渉することがあります。
この場合は、内屋根をカットしてください。

6月再生産予定です。

【リプルフィルタ搭載・常点灯ライト基板】 (N) K-21 K社機関車用 A 1両分入り

K-22 K社機関車用B

K-22 K社機関車用B

カトー EF65、81、DE10、EF510(500番台、0番台現行)、EF15などに対応します。
「K-32」のスイッチがないものです。

在庫がございます。

【リプルフィルタ搭載・常点灯ライト基板】 (N) K-22 K社機関車用 B 1両分入り

以上です。それでは…。