【Nゲージ】グリーンマックス 西武新2000系、東武30000系他ご予約受付中です

ご来店ありがとうございます。

グリーンマックス 西武新2000系、東武30000系他ご予約受付のご案内です。

■西武鉄道の最大勢力。新2000系

西武新2000系

今でこそ西武鉄道も20m級4扉の車両が主力ですが、その口火を切ったのが2000系です。
1977年に登場し、まずは新宿線の各駅停車用でデビュー。その後、いったん増備は終了したものの、1988年から再開。一段下降窓、戸袋窓の復活、前面のマイナーチェンジなどを行った新2000系が登場しました。
これが決定打となり、新宿線のみならず、池袋線にも投入され、西武鉄道の4扉化に貢献しました。

モハ2101形(奇数車)のパンタは2台でしたが、2002年から1台に削減されています。
今回は、パンタ削減編成が模型化されます。
池袋線の8両編成、2両編成と新宿線の8両編成がラインナップされます。
車番の違いの他、前面の方向幕は池袋線仕様のものは行先が「急行 飯能」、新宿線仕様は「急行 本川越」が印刷済みです(側面は印刷されません)。
実のところ、西武新2000系は長らく板キットが主流であり、完成品は同社では初めてとなっています。

下記のページでご予約受付中です。
池袋線です。
(N) 4396 西武 新2000系 後期車 池袋線 パンタグラフ削減車 基本8両編成セット (動力付き)
(N) 4398 西武 新2000系 後期車 池袋線 パンタグラフ削減車 増結用先頭車2両セット (動力無し)

新宿線です。
(N) 4400 西武 新2000系 後期車 新宿線 パンタグラフ削減車 基本8両編成セット (動力付き)

なお、行先ステッカーも同時に発売されます。ご予約受付中です。
優先席の表示は製品に含まれませんので、ぜひお忘れなく。
(N) 6813 西武2000系対応 行先表示ステッカー

続いて・・・。

■新しいロゴマークで走る東武30000系

東武30000系

今年、東京スカイツリーが開業。これを機に、大きく東武鉄道はイメージを変えました。
伊勢崎線に「スカイツリーライン」などと愛称が付けられ、634系が登場し・・・。
まあ、「スカイツリーライン」と言われても、どこの線かわからないという気もしなくはありませんが・・・。
「業平橋」が「とうきょうスカイツリー」に変更されたのが・・・。別に「業平橋(スカイツリー前)」でもよかったような気がするのですが、まあ、それだけ社運をかけた存在ということなのでしょう。

余談はともかく、東武鉄道のロゴマークも変更。いわゆる「手裏剣」などといわれているマークになりました。
「TO-B」というのはまあ、30年以上前の話でして・・・。何を寝ぼけていると怒られそうですが・・・。

というわけで、30000系の新ロゴタイプが製品化されます。
なお、行先は付属のステッカーで選んで下さい(一部除く)。
(N) 4477 東武 30000系 伊勢崎線 新ロゴマーク付き 基本6両編成セット (動力付き)
(N) 4478 東武 30000系 伊勢崎線 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット (動力付き)
(N) 4479 東武 30000系 伊勢崎線 新ロゴマーク付き 増結4両編成セット (動力無し)

このほか、30000系4両+10000系2両のセットもございます。
(N) 4182 東武鉄道 30000系+10000系 6両編成セット (動力付き)
※この商品につきましては、「区間準急 久喜」が印刷済みです。

入荷品です。
■E655系「なごみ(和)」
(N) 10-1123 E655系 「なごみ(和)」 5両セット
数が少なくなっています。お早めに。

それでは。